「中の人はどこまで信じて書いてるの?」 科学誌「Newton」が「月刊ムー」に禁断の質問

印刷

   「ムー」の中の人はどこまで信じて原稿を書いているのか――。オカルト系雑誌「月刊ムー」に、科学雑誌「Newton(ニュートン)」が「禁断の質問」で切り込む出来事があった。

   公式アカウント同士の「直接対決」は、見事な答えを出したムーに軍配が上がった。

  • 公式アカウント同士のやりとりが大反響(画像は両誌の最新号)
    公式アカウント同士のやりとりが大反響(画像は両誌の最新号)

「ブロック覚悟」で質問

   発端は、「ニュートン」公式アカウントの「ムーの中の人は、どこまで信じて原稿を書いているんですか?」という2016年5月17日のつぶやきだった。

   1979年創刊の「ムー」は「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」がコンセプトの月刊誌(学研プラス刊)。UFOや超能力、未確認動物、超常現象など、さまざまな「オカルト的」なテーマを扱うことで知られる。

   「ニュートン」アカウントが「ムー」について触れることはこれまでもあったが、これほど大胆な質問をするのは今回が初めてだ。勇気を振り絞った行動だったようで、文末には「ブロック覚悟でいう」とのハッシュタグも。直後には「(もちろん、いつも楽しく拝見しております。。怒らないで)」とフォローも入れた。

   投稿を見た科学雑誌「日経サイエンス」の公式アカウントは「さすがニュートンさんやで...」と反応。続けて「でどこまで信じていらしゃるんでしょうか...」(原文ママ)と同じ質問を投げかけた。

   すると「ムー」公式アカウントは翌18日、こんな返答を寄せた。

「はい、ニュートンは錬金術師で、オカルティストだと信じております」

   正面から答えるのではなく、相手誌の名前の由来である科学者アイザック・ニュートンを引き合いに出してみせたのだ。ニュートンは、錬金術など現在ではオカルトに分類されるものにも情熱を注いでいたとされている。

「歴史的なやり取りを目撃してしまった」「夢の対決(笑)」

   これには「ニュートン」のアカウントも「ニュートン自体がオカルティストだというご指摘。ぐうの音も出ない。。」と降参。Wikipediaにある「アイザック・ニュートンのオカルト研究」のページを合わせて紹介した。

   「ニュートン」の勇気ある質問、それに対する「ムー」の見事な切り返しには、

「歴史的なやり取りを目撃してしまった」
「ケッ!知能犯同士の馴れ合いかよ」
「なにこのアリと猪木のような夢の対決(笑)」
「オカルトと科学とは裏表というわけですね」

との声が相次ぎ、ネット上で大きな反響を呼んだ。

   なお、両者の交流はその後も続き、「ムー」が「貴誌の初代編集長、竹内均先生の著書『ムー大陸から来た日本人』は名著です」と言えば、「ニュートン」も「御社の『学研の図鑑LIV』シリーズは、いつも記事作りの参考にしております」と返した。

   そして互いに「これからもよろしくお願いします」と挨拶し、なんとも和やかなムードでやりとりを終えた。

   ちなみに、「ニュートン」最新号のメーン特集は「相対性理論と、そこから生まれた現代物理学」。月刊「ムー」最新号は「『不食』が解き明かす人体の神秘と進化の謎」。別冊付録として「水晶球がなくても霊視可能な『水晶球霊視聖布』」がついている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中