映画「テラフォーマーズ」レビューが大荒れ 国内外で「ゴキブリ」映像が散々なことに

印刷

   大ヒットマンガが原作の映画「テラフォーマーズ」。伊藤英明さん、小栗旬さん、山田孝之さん、菊地凛子さんなど錚々たる役者を揃え、327スクリーンで2016年4月29日に公開されたが、結果は「大爆死」。映画のレビュー欄は「陳腐すぎる」などと大荒れになっている。

   1600万部も売った人気作だけに期待が大きかったこともあるのだろうが、今度は海外の映画サイトでも酷評が始まり「黒人を差別しているようで不快だ」などといったケチもついた。

  • 「テラフォーマーズ」の映画公開後にレビューには酷評が書き込まれた(写真はヤフー!映画のレビューコーナーのスクリーンショット)
    「テラフォーマーズ」の映画公開後にレビューには酷評が書き込まれた(写真はヤフー!映画のレビューコーナーのスクリーンショット)

公開2週目に「観客は自分一人だけだった」のツイート

   「テラフォーマーズ」のストーリーは、火星への移住を果たすため、人類が住める環境に火星を改造(テラフォーミング)しようとした500年前から始まる。火星に置いてきたのは苔とゴキブリであり、そのゴキブリが狂暴な人型に進化した。2599年にそのゴキブリ、「テラフォーマー」を駆除するために15名の日本人クルーが火星に旅立った。クルーは戦うために特殊な手術を受け昆虫人間になっている。火星ではクルーとゴキブリとの激しい戦闘が始まる。人類の移住計画のため原作では多国籍軍として編成されたクルーだったが、なぜか映画では日本人だけになっている。「邦画史上最大の予算」などとも噂され、宇宙船「バグス2号」には1億円をかけたという発表もあったが、主役の伊藤さんが、

「ハリウッドの予算だったら300億くらいのものだと思う」

などと語り、続けて「日本の予算でどこまでできるのか楽しみ」などと付け加えたため、不安がよぎった。

   結果的に全国327スクリーンで初の土日の動員が12万8730人、興行収入1億5063万6500円と「爆死」し、その後は公開2週目に「観客は自分一人だけだった」などといったツイートが話題になるなど「大爆死」扱いに変わった。ヤフーなどの映画レビュー欄は荒れに荒れ、最低評価の☆1つを付ける人が続出し、

「気が遠くなるくらいつまんなかった...」
「何れにしてもチープで見ているこっちが恥ずかしいのは何でだ」
「本当に申し訳ないけど死ぬまで見れない...Gが泣くほど嫌い」(編集部注:Gはゴキブリのこと)

などといった感想が出た。

   実はこの「大爆死」、上映前から多くの人が予想していたことだ。まず、マンガやアニメが原作の実写映画は残念なことになる、というのがネット上の定説だからだ。しかも、宇宙を扱う映画はハリウッドでは莫大な製作費をかけるが、日本映画は予算が少ない。CGの技術も遅れているため陳腐なものになるのは必至だ、といった説だ。また、「テラフォーマーズ」自体が14年にはアニメ化されていたが、人気は低かった。このため、実写で映像化するのは難しすぎるのではないか、という意見もあった。

   上映開始から3週間以上が過ぎ、ようやく酷評の嵐が収まったと思われた16年5月20日、今度は海外のメディアが批判を始めたとして話題に上ることになってしまったのだ。

浅黒いネイティブの居住者を絶滅させる連想

   ハリウッド映画業界紙の老舗「ハリウッド・レポーター(THR)」は17日付けのウェブ版に掲載したレビューで、映画「ブレードランナー」のような世界を描きたかったのかもしれないが、最初の30分は登場人物の会話で世界観や現状をダラダラと説明するような展開で、それでも内容がよく分からない。残りの80分間は戦闘シーンが多くなるものの、暴力的かといえばそうでもなく、ずさんで緊張感のないものになっている、と酷評した。さらに、ゴキブリは大きな人型として描かれている。実は原作のマンガは、このゴキブリがあるものを連想するとして批判があった。火星に植民し、その明らかに浅黒いネイティブの居住者を絶滅させる。三池崇史監督はアフリカを連想させるような映像にしなかったけれども、こんなクオリティーでは大衆の心を掴むことは困難で、映画ではなく三池監督のファンという限られた存在が劇場に足を運ぶことになるだろう、などと解説した。

   このレビューに対しネット上では、

「黒人差別だ?気にすんなよ。こんなクソ映画は誰も観ないし、世間になんの影響も与えない」
「ゴキブリと黒人を同一視する方が差別だろ。大体、地球人がゴキブリを送り込んでんだから、原住民ですらねーし」
「クソつまんない映画だとは思うが、黒人の被害妄想もウザい」
「そもそもゴキブリがどう進化したらこんな人間そっくりな体型になるんだ?」

などといった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中