桂歌丸「笑点勇退」いよいよ明日 司会の座「大本命」円楽は「イヤ」と言うが...

印刷

   人気番組「笑点」(日本テレビ系)から2016年5月22日、司会の桂歌丸さん(79)が勇退する。最後の出演となる「歌丸ラスト大喜利」の生放送を翌日に控え、ネット上では「後任予想」が佳境に入っている。

   週刊誌が三遊亭円楽さんを「本命」と報じるなか、当の円楽さんは「やらないよ」「嫌です!」と否定。それでは、いったい誰になるのか――。

  • 放送前日まで後任わからず(16年4月、笑点50周年特別記念展で撮影)
    放送前日まで後任わからず(16年4月、笑点50周年特別記念展で撮影)

林家正蔵、春風亭小朝、マツコ・デラックスの名まで

   歌丸さんの勇退が発表されたのは、4月30日だった。以降、後任の司会者は誰になるのか注目され、J-CASTニュースでも円楽さん、林家木久扇さん、山田隆夫さんといった「内部昇格組」に加え、ビートたけしさん、太田光さん(爆笑問題)、城島茂さん(TOKIO)といった「変化球」が予想されていると報じた。記事のコメント欄には、

「可能ならば、林家正蔵師匠がよろしいと思いますけど」
「内部昇格が駄目なら春風亭小朝師匠が司会と言う手もあるかもね」
「マツコ(編注:デラックス)なら面白いかもしれんけど、正座は無理だろうし、大先輩に突っ込むのも辛いだろうし、不可能だろうなあ」

といった投稿が。ほかにも元座布団運びの毒蝮三太夫さんやヨネスケさん、立川流や上方のベテラン勢に加え、かつて円楽門下で落語をしていた伊集院光さんといった予想や提案が寄せられていた。

   最有力視されているのは、円楽さんだ。「週刊文春」(5月19日号)は、「本命」とされる本人にインタビュー。「やれって言われたらやるけどね」といったコメントを引き出していた。「週刊ポスト」(5月27日号)も「円楽昇格説」を支持していて、円楽さん昇格後の大喜利メンバーの空席をめぐった「座布団争奪戦」があると報じている。

三遊亭円楽は番宣でテレビ出まくり

   ここ数日、日本テレビ系の番組に「笑点」メンバーが続々出演して、番組告知をしている。5月20日には「ZIP!」に円楽さんと林家たい平さん、「news every.」に円楽さんと三遊亭好楽さんが登場。「ZIP」で円楽さんは「(司会は)やらないよぉ~」とコメントし、たい平さんは「円楽師匠は、おそらくほぼありえないと思います」と付け加えた。「every」では、円楽さんが笑みを浮かべつつ、

「ネットの投票でも、あるいは様々なところで、わたくしが『次期司会者』というお声をいただいておりますが、ハッキリ言って、あのメンバーを仕切るだけの気持ちはありません。嫌です!」

と明言している。

   放送前日になってもベールに包まれている新司会者。国民的番組とあってツイッターでは、

「普段テレビ見ないけど、明日の笑点生放送は見るぞ!今日時点でも歌丸の次の司会者がリークされてない事がその気を倍増させてます」

といった視聴者からの声も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中