中居正広「ファンレターは読まない」 ツンデレ発言にファン「大歓喜」

印刷

   SMAPの中居正広さん(43)がテレビ番組内で「ファンレターは読まない」とぶっちゃけたことが話題になっている。

   スタジオの観覧客からは「えー!」とブーイングともとれる声が上がったが、実際に手紙を書いたこともあるようなファンたちの反応は、驚くほどに「正反対」で、中居さんらしい「お約束」発言に大喜びしている。

  • 「ファンレター読まない」発言でスタジオ騒然
    「ファンレター読まない」発言でスタジオ騒然

「読むふりはする」「手紙が僕のエネルギーの源、はウソ」

   発言があったのは、2016年5月24日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)だ。この日は女優の小雪さん(39)がゲストとして登場。するとタレントの劇団ひとりさん(39)は過去にファンレターを出したことがあると告白し、直筆の返事をもらったとも打ち明けた。

   これにひときわ驚いたのが中居さんだった。小雪さんが「伝えたいなって思うものは、やれるように頑張っています」と話すと、「えっ、ちゃんと筆を執るんですか?」と目を丸くして「俺もそうしようかな...」とつぶやいた。

   中居さんは、これまでに手紙に返事を書いたことがあるか尋ねられると「なーい」と即答。「若いころなんて時間もあるじゃないですか」と言われても「なーい」。それどころか「ファンレター読まない」ともぶっちゃけ、観覧客から「えー!」とブーイングが上がった。

   だが、中居さんはこうした反応を楽しむかのように

「読むふりはするよ。ラジオとかで『皆さんの手紙が僕のエネルギーの源になり、こうやってやってます。皆さんの笑顔が云々かんぬん...』ってこと言うけど、全部ウソだよね!」

と、笑顔でとどめの一撃。観客席からはさらに大きな「えー!」が上がり、これには共演者陣も「今のがウソですよ」「(中居さんは)シャイですからね!」とフォローに追われた。

「なぜかって俺は、雲の上の人間だから!」

   ファンレターが「全て読まれている」と考えている人は少ないだろうが、本人が「読んでいない」と公言するのは珍しい。一連の発言はインターネット上でも話題になり、視聴者からは

「これ本命に言われたらかなり凹むよな...」
「テレビで言っちゃ駄目では?」
「ファンレター送ったジャニオタが不憫でしょうがない」

といったネガティブな意見も寄せられた。

   だが、これに中居さんの「ファン」たちは、「正反対」の反応を示しているのだ。

「当ファンはツンデレに大喜びしております」
「嘘と知ってて『え~~~~』までの喜びの反応がセット」
「『あーはいはい。ちゃんと読んでるんだよねw』と解釈していた私は、なかなかの中居ファンだなぁとつくづく(笑)」

といった具合で、中居さんのこうした「ゴーマン」発言を納得づくで楽しんでいる様子だ。中には、中居さんが90年代の冠番組「愛ラブSMAP!」(テレビ東京系)で「ファンレターはお家に帰ってお返事書きます」と発言していたことを画像付きで示すファンまで現れた。

   中居さんのこうした発言は今に始まったことではない。23日に放送された「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」(テレビ朝日系)では、ファンレターに連絡先が書かれていても「絶対連絡しない」と断言。さらには、

「絶対にその子たちと俺は出会わない!もしかして中居くんと付き合えるかもしれないからって追っかけても絶対に付き合えない!なぜかって俺は、雲の上の人間だから!」

とカメラ目線でまくし立ててみせた。

   一方で、「手紙を書く」ことにはこだわりもあるようで、5月7日放送のラジオ番組「中居正広のSome girl' SMAP」(ニッポン放送系)では、16年に入ってから3~4回手紙を書いたことを明かした。誰に宛てたものかは不明だが、「しっかり筆で。すっごい汚いよ、もう乱筆もいいとこだよ。でも『ここぞ』って、ちゃんとメッセージを伝えたいときとかに書いてる」と語っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中