伊勢志摩サミット開幕 世界経済テーマに議論

印刷

   主要7か国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)が2016年5月26日、開幕した。日本がサミットを開くのは08年の北海道・洞爺湖サミット以来8年ぶり。安倍晋三首相は世界経済を「最大のテーマ」と位置付けており、G7が成長をけん引できるかも焦点だ。いわゆる「パナマ文書」をめぐる租税回避問題についても話し合われる見通し。5月27日に首脳宣言を採択して閉幕する。

   開幕に先立つ5月25日夜には安倍首相と米国のオバマ大統領が会談し、安倍首相は沖縄県で起きた米軍族の男による死体遺棄事件について抗議した。オバマ大統領は哀悼と遺憾の意を表明し、日本側の捜査に「全面的に協力する」と述べた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中