「大学への侵入容疑で逮捕」は行き過ぎ? 名大「ナンパ目的男」事件うけ論議

印刷

   正当な理由がなく名古屋大学に侵入したとして、東京都内在住の無職の男性(23)が愛知県警に逮捕された。この男性は、「ナンパ目的だった」と供述しているというが、逮捕までする必要はあったのか、と関心を集めている。

   千種署の発表や名大の広報渉外課などによると、男性は2016年5月25日午前、名大の東山キャンパスの校舎1階で複数の女子学生に声をかけていた。

  • ナンパでも逃げたら逮捕される?(写真はイメージ)
    ナンパでも逃げたら逮捕される?(写真はイメージ)

全国の大学でナンパ、名大もツイッターで予告

   不審に思った男子学生らが男性に声をかけると、男性は走って逃げた。学生のほか、大学の職員も外まで追いかけ、駅近くの路上で取り押さえた。職員が110番通報し、駆け付けた警察官が建造物侵入の現行犯で男性を逮捕した。

   調べに対し、男性は、「間違いない」と容疑を認めているという。26日には、身柄送検された。

   この男性は、ネット上で「偽ラガー」と称していた人物だ。15年8月、甲子園球場で「ラガー」と呼ばれる人らがバックネット裏を占拠していたのに対し、席の取り合いをした様子を自らツイートして一躍脚光を集めた。

   そのときも、甲子園などでナンパしていることを書き込んでいたが、最近は、「目指せ専業主夫」などとして、全国の難関大学でナンパ行脚をしている様子をツイッターで実況中継していた。東北大は、16年5月19日に男性名で女子学生に執拗に声を掛けていたとして、不審者情報をメールで学生に流す騒ぎにもなっていた。

   しかし、男性はそれでも、名大と北大でナンパをすると予告し、逮捕前日の24日に名古屋入りしたこともツイートしていた。

   このことは、ネット上で話題になり、実際に男性に声を掛けられたとの報告も相次いだ。男性も、「本気で一目惚れして声をかけました(^-^)」と返していた。逮捕されたときの画像もツイッターに投稿され、路上で警察に取り押さえられてうずくまる姿が撮られていた。

   ネット上では、男性の逮捕について、賛否が分かれている。

「逃走した場合など必要性があれば認められる」

   男性の逮捕は当然だとする声も多く、「よっぽど不審な見た目だったんだろうな」「大学が想定すること以外の理由で入るのは禁止じゃね?」「そのうち捕まると思ってたよ」などと書き込まれた。

   一方で、「これで逮捕するというのも少々やり過ぎでは」「痴漢ならともかくナンパだろ」「過剰な反応に思えるんだけど」と警察などの対応に疑問を呈する声も次々に出ている。

   千種署の副署長は、J-CASTニュースの取材に対し、今回は民間人が現行犯逮捕したとして、逃走した場合など必要性があれば認められると説明した。キャンパスに散歩などで入るのとは違う話だとし、大学側に構内の管理権がある以上、迷惑をかけるような不審者がいれば声をかけるのは当然だとした。男性が全国の大学でナンパ行脚をしていたことは、聞いていなかったという。

   名古屋大学の広報渉外課では、職員らが男性を「逮捕」したことについて、次のように説明する。

「キャンパスはオープンになっており、一般の人でも入ることができます。しかし、ナンパ行為をするのは普通でないと思います。声を掛けたら逃げ出した不審者でしたので、今回のような対応になりました」

   男性のナンパ行脚については、知らなかったとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中