国内最高齢のアジアゾウ「はな子」、69歳で逝く

印刷

   井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)で飼育されていた国内最高齢のアジアゾウ「はな子」(メス、推定69歳)が2016年5月26日、死んだ。

   同園の発表によると、26日8時半ごろ、ゾウ舎室内で横向きになっているのを飼育員が発見した。内臓が圧迫されないよう体を起こす作業を行ったが、15時4分に死亡が確認された。死因は不明で、27日に解剖検査を実施予定。

   はな子は1947年にタイで生まれ、49年に両国友好のシンボルとして来日。戦後初めて日本にきたゾウとして注目された。名前の由来は、戦時猛獣処分で餓死させられ、童話「かわいそうなぞう」のモデルにもなった「花子」から。当初は上野動物園で飼育されていたが、54年に自然文化園へ移った。

   アジアゾウの平均寿命は野生で約60年といわれる。はな子は長年多くの人々に親しまれ、66歳になった2013年には国内最高齢記録を更新した。だが、70歳を目前に天国へ旅立った。27日、ゾウ舎前には献花台とメッセージ用紙が設置された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中