国内最高齢のアジアゾウ「はな子」、69歳で逝く

印刷

   井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)で飼育されていた国内最高齢のアジアゾウ「はな子」(メス、推定69歳)が2016年5月26日、死んだ。

   同園の発表によると、26日8時半ごろ、ゾウ舎室内で横向きになっているのを飼育員が発見した。内臓が圧迫されないよう体を起こす作業を行ったが、15時4分に死亡が確認された。死因は不明で、27日に解剖検査を実施予定。

   はな子は1947年にタイで生まれ、49年に両国友好のシンボルとして来日。戦後初めて日本にきたゾウとして注目された。名前の由来は、戦時猛獣処分で餓死させられ、童話「かわいそうなぞう」のモデルにもなった「花子」から。当初は上野動物園で飼育されていたが、54年に自然文化園へ移った。

   アジアゾウの平均寿命は野生で約60年といわれる。はな子は長年多くの人々に親しまれ、66歳になった2013年には国内最高齢記録を更新した。だが、70歳を目前に天国へ旅立った。27日、ゾウ舎前には献花台とメッセージ用紙が設置された。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中