菅官房長官、在職日数歴代2位に 参院選期間中に「歴代最長」更新へ

印刷

   菅義偉官房長官の在職日数が2016年6月5日で1258日になり、第2次佐藤第2次改造内閣~第3次佐藤内閣(1968年11月~71年7月)で官房長官を務めた保利茂氏と並ぶ歴代2位になる。菅氏は12年12月に自民党が政権に復帰した第2次安倍内閣の発足時から官房長官を務めてきた。

   菅氏は16年6月3日夕方の定例会見で、

「正直言ってそんなになるのかなぁ、というのが一番の思い。長いことでなくて、何をやったかということが、やっぱり一番大事。安倍総理の掲げる目標に向かって、全力で取り組んできた。そうしたら、こんなになったのかな、まあそんな思いです」

   などと話した。

   歴代最長は第2次森内閣~第2次小泉内閣(00年10月~04年5月)で福田康夫氏が築いた1289日で、菅氏は16年7月6日に並ぶ。参院選(6月22日公示、7月10日投開票)の真っただ中に最長記録を更新する見通しだ。

  • 定例会見に臨む菅義偉官房長官
    定例会見に臨む菅義偉官房長官
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中