高橋真麻「おごってくれない男性と次はない」 男性陣から「感謝の気持ちが1ミリもない」と疑問も

印刷

   デートの食事代を男性が払うのは当たり前なのか?

   元フジテレビアナウンサーでタレントの高橋真麻さん(34)がテレビ番組で「ご飯をおごってくれない人とは続かないし、次もない」と発言したことが物議を醸している。

  • デートの食事代は男性が出して当然なのか。ネット上で議論となる(写真はイメージ)
    デートの食事代は男性が出して当然なのか。ネット上で議論となる(写真はイメージ)

おごられるのが当然と思っている女性に腹が立つ

   高橋さんが出演したのは2016年6月2日放送の「ダウンタウンDX」(読売テレビ)。この日のテーマは「独身芸能人 男と女スペシャル」で、タレントたちが自分の恋愛感や恋愛経験について語った。その中で武田修宏さん(49)が女性陣に対し、

「興味のない男との食事でおごられるな!」

と切り出した。武田さんは女性から食事に誘われる事が多いそうで、食事の途中で女性から「実は彼氏いるんだけどね」と言われたり、1対1のはずの食事に女性が女友達を連れて来たりするのだという。そういうことは初めに言ってもらいたい、とし、

「だったら最初から(そういう女性は)誘わない」

と吐き出すと、女性陣から「何を目的に食事をするのか?」などと顰蹙を買ってしまい、オロオロする場面があった。そこにお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さん(38)が助け舟を出し、彼氏がいる女性とは1対1の状況を作ってはダメだと主張した。ここからデートの食事代は誰が払うのかの議論になる。綾部さんは、

「男性がおごるのは当然だが、おごられるのが当然と思っている女性がいて支払いの時にLINE(ライン)のチェックをしていたり、店の外に出ていたりする。嘘でもいいから鞄に手を入れる素振りをしてほしい」

と語った。これに反応したのが高橋さんで、

「やっぱり、ご飯をおごってくれない人とは続かない。次もない。高い所でワリカンにするなら、安い所でおごってくれたらいいなと思います」

と発言したことから、「そのルール何なんですか?おかしくない?」などと男性陣との言い合いに発展してしまった。お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さん(43)は、

「そもそもメシをおごってくれるのは当たり前という感覚がおかしい。感謝の気持ちが1ミリもないじゃんそれ。1ミリもない。そうじゃないかそれ」

などと大声で噛み付いた。

ワリカンと彼女に言ったら彼女はすっぴんで来た

   高橋さんは井戸田さんの意見に対し、女性はデートに行くまでに美容代とかお化粧、洋服代とかいろいろかかっているから、男性はそうしたことを考慮すべきだとした。こうしたやり取りにネット上では、

「しかし日本の男って、何で奢ってはやるけど感謝しろよみたいな 恥ずかしい事を態度で示したり堂々と言えるんだろうな 。そんなに恩着せがましい男なら最初からデート断るし 、デートしたとしても奢ってもらわなくて結構と思ってる女もいっぱいいると思う」
「金出さないヤローなんかいないだろ現実社会では」
「恋人にだろうが友人にだろうがスマートに奢る男もいると言うのに、自分の彼女に食事奢るのもこんなにうるさい男いるなら嫌だわ」
「俺の友達がワリカンと彼女に言ったら、彼女はすっぴんで来たんだ。 そして『これがワリカンって事だよ』と男に言ったそうだ」

などといった意見が掲示板に書き込まれている。この番組で高橋さんは彼氏が6か月前にできたと報告している。彼氏ができたのは2年ぶりだそうだ。高橋さんは大食漢として知られ、デートはもっぱら「食べ歩き」。太ってしまったというが、いったい彼氏は1回のデートでどれくらいのお金を支払っているのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中