NHKのど自慢で「放送事故」 アナウンサーが「数秒固まった」理由

印刷

   2016年6月5日に生放送された「NHKのど自慢」で、冒頭から約3分間、音声が重なるトラブルがあった。

   この日は福井県勝山市からの放送で、通常どおり昼の12時15分にスタートした。ところが、ステレオ放送の左右の音声のうち右の音声が約10秒間遅れ、左で一度流れた音声が右で繰り返される状況が18分ごろまで続いた。

   番組は約10分後に「お聞き苦しいところがありました お詫びします」とのテロップを表示。司会の小田切千アナウンサーも「冒頭で音声が乱れたシーンがございました。大変失礼いたしました」と謝罪した。東京渋谷区の放送センター内の機器の故障が原因とみられている。

   同日の番組では、歌い出しが分からなくなって始めからやり直す出演者がいたり、小田切アナウンサーが次回開催地である和歌山県九度山町を「ド忘れ」して約2秒間固まったりと、ハプニングが重なった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中