女子大生の冨田真由さん「意識が回復」 東京の刺傷事件

印刷

   音楽活動をしていた女子大学生、冨田真由さん(20)が東京都内で刺された事件で、意識不明の重体だった冨田さんの意識が回復した。新聞各紙(含む電子版)が2016年6月7日から8日にかけて報じた。

   冨田さんは5月21日夕、殺人未遂の疑いで送検された容疑者の男(27)に首など20か所以上をナイフで刺されたが、内臓損傷は免れていたという。警視庁は、冨田さんの健康状態が安定するのを待って、事件当時の状況について話を聴く方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中