中国艦が尖閣諸島の接続水域を航行 「領海侵犯」は確認されず

印刷

   防衛省は2016年6月9日、中国海軍のフリゲート艦1隻が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に一時入ったと発表した。9日未明の0時50分ごろ、フリゲート艦1隻が尖閣諸島の久場島北東を航行しているのを海自護衛艦「せとぎり」が確認した。フリゲート艦は約2時間20分にわたって航行し、3時10分ごろ、大正島北北西から接続水域を離れた。

   これを受けて同日、外務省の斎木昭隆事務次官は、程永華・駐日中国大使を外務省に呼び、抗議した。

   また、防衛省によると8日21時50分ごろ、ロシア海軍のウダロイ級駆逐艦1隻、補給艦1隻、タグボート1隻の計3隻も接続水域に入り、9日午前3時5分ごろ抜けた。海自護衛艦「はたかぜ」がこれを確認した。接続水域の場所は「非公表」としているが、マスコミ報道によると中国艦と同じ久場島と大正島の間だという。

   同省担当者はJ-CASTニュースの取材に、「中ロ艦ともに領海侵犯は確認されていないが、双方の関係は現在調査中」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中