「親に抱っこしてもらう」宿題が話題 「愛情表現の強制」なのか

印刷

   小学校で出された「抱っこの宿題」は、本当に「美談」なのか――。親子のスキンシップを増やすため、一部の学校で実施されている「粋な取り組み」の是非をめぐり、ネット上で議論が勃発している。

   ツイッターなどに寄せられた意見をみると、「素晴らしい宿題」「感動しました!」などと絶賛する声が目立つ。だが一方で、親のいない子供や虐待児などの存在を背景に、「両親居ない子はどうすんの?」との批判も少なくなく、賛否は大きく分かれている。

  • 「抱っこの宿題」に賛否分かれる
    「抱っこの宿題」に賛否分かれる

「教師のエゴに過ぎない」の声

   「抱っこの宿題」の是非が問われることになったのは、小学校に通う娘を持つというネットユーザーが「美談」として紹介した、あるエピソードがきっかけだ。このユーザーは2016年6月6日、

「次女の今日の宿題が、算数ドリルでも漢字練習でもなく『1分間抱っこ』というものだった」

と報告。こうした「宿題」が出た背景には、小学生の頃に母親と死別した担任教師の「(自分は)抱っこしてもらいたくても叶わなかったから、キミたち(編注・生徒)はいっぱい抱っこしてもらいなさい」という思いがあったとも説明した。

   この投稿は、9日14時時点で1万回近くリツイート(拡散)されるなど、大きな反響を呼んだ。ツイッターやネット掲示板には、幼い子供を持つ母親を中心に、

「いい先生だな...涙出てきた」
「とても良いお話でした。子供達帰ってきたら、抱きしめたいと思います」
「こういう教師見るとまだ日本大丈夫かもって思えてくる」

といった感動や称賛の声が相次いで寄せられた。その一方で、「両親居ない子はどうすんの?」「公私混同しすぎ」などと、「教師のエゴ」に過ぎないと批判する声も出ており、賛否は大きく分かれている。

   その後、話題はこのエピソードから徐々に離れ、「親子の抱っこを宿題にすること」自体の是非をめぐる議論に発展した。ネット上では、「学校行事やら宿題やらで家庭に愛情表現強いるのはなんか違う」「家庭に踏み込み過ぎ」といった意見が飛び交っている。

「抱っこ」には効果があるというが・・・

   実のところ、親子のスキンシップのために「抱っこ」を宿題として出すことは、全国の小学校で「よく見かける」行為らしい。

   J-CASTニュースが複数の学校関係者に6月9日に取材してみると、「うちの学校でも実施している」「岡山県内では、あちこちの学校でやっていた」などの回答が返ってきた。また、ツイッターなどネット上にも、「うちの子も先週それ宿題でした」といったような報告が少なくとも数百件単位で見つかる。

   教育評論家の松本肇氏によれば、抱っこは「親子の信頼関係を確認し合うために有効」で、多くの心理学者が推奨する行為だという。ただ、学校生活の中で「宿題」として出すにあたっては、「十分な配慮が必要」とも指摘した。

   年に1回、全校生徒を対象に「抱っこの宿題」を出しているという秋田県の由利本荘市立岩城小学校の校長は、

「確かに、両親が離婚していたり、すでに亡くなったりしている生徒はいました。ただ、そうした『抱っこしてくれる親』のいない子供に対しては、各クラスの担任を通じて、個別に心のケアを行うなど配慮を徹底しています」

と取材に答えた。また、同校では抱っこの対象を「親」とは指定せず、生徒には「近しい人」と伝えるようにしている、とも付け加えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中