こんな古舘伊知郎を待っていた 安住アナも泣いた名人芸トーク

印刷

   2016年3月まで「報道ステーション」(テレビ朝日系)のキャスターを務めていた古舘伊知郎さん(61)が、6月10日の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、久々にバラエティー番組へ復帰した。

   堅苦しいアンカーマンのイメージから一転、12年ぶりとなる「しゃべりの達人」としての出演で、楽しそうにトークを披露。視聴者は「報ステ時代がもったいなかった」といった印象を受けているようだ。

  • 抑圧から解放された?
    抑圧から解放された?

バラエティー「やりたい気持ちあったけど...」

   「ぴったんこ〜」は、TBSの安住紳一郎アナウンサー(42)が司会を務める番組。10日の放送では、ゲストの古舘さんが生まれ育った東京都北区や、出身校の立教大学、局アナ時代からゆかりのあるテレビ朝日と六本木周辺をめぐった。

   古舘さんは2004年春の「報ステ」開始とともに、各局のレギュラー番組を降板し、キャスター業に専念していた。つまり、これが12年ぶりの他局バラエティーとなる。

   番組冒頭で古舘さんは、「一切こういう事(バラエティー出演)はやらせてもらえなかったから。まあ、やりたいっていう気持ちも若干あったんですけれど」とコメント。安住さんは「古舘さんの笑顔を12年見ていない」と返した。

   ふたりが立教大学の放送研究会を訪れる場面では、アナウンサー志望の学生に向けて、トークショーさながらの掛け合いを披露。古舘さんの影響を受けていた安住さんが、先輩のイキイキとした姿に感極まって、涙を流すこともあった。

「キャスターやらなければ...」との声も

   古舘さんは3月の「報ステ」最終日に、12年間を振り返って、こう語っていた。

「正直申しますと、窮屈になってきました。もうちょっと私は、自分なりの言葉、しゃべりで皆さんを楽しませたい、というような、わがままな欲求が募ってまいりました」

   「しゃべりで楽しませる」という宣言通り、バラエティーの世界に帰ってきた古舘さんを見て、視聴者は好印象を持ったようだ。一方、働き盛りの50代の年月を「報ステ」に費やしたことに、ツイッターでは「もったいない」との感想も出ている。

「古舘さん、キャスターやらなければ...って思うよ。でも、安住アナ嬉しそうだなー」
「古舘伊知郎、結果的に報道キャスターには向いてなかったんだろうけど、やっぱり凄いな。それだけに報ステに縛られた年月がもったいない気がしてしまうな」

   古舘さんは6月12日にも、トーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演予定。報ステ開始まで出演してた「おしゃれカンケイ」の後継番組で、いわば「古巣」に舞い戻る。キャスターイメージからの脱却は、意外に早く行われるのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中