静岡県知事、海外出張54泊で規定超え ブラジル出張も中止方針

印刷

   静岡県の川勝平太知事は2016年6月14日の定例会見で、公費で宿泊代を支払った海外出張72泊のうち54泊が県条例で定める規定額を上回っていたことを明らかにした。

   知事の宿泊費は国家公務員旅費法に準じて条例で定められており、訪問地域によって上限が異なる。アジアや中南米は、最も安い1万7400円。英ロンドンや米ニューヨークなど主要10都市は最も高い2万9000円だ。

   川勝氏は2009年7月の就任から16年3月末までの海外出張で、宿泊代を公費で支払った72泊のうち4分の3にあたる54泊が規定を超えていた。

公務上必要な場合は規定額超えても実費支給できる

   ただし、条例では公務上必要な場合は規定額を超えても実費支給ができると定めている。54泊の中には、主催者側にホテルを指定・推薦されたケース、国際イベント開催中で宿泊費が高騰したケースが少なくなかった。

   その上で川勝氏は、8月のリオデジャネイロ五輪に合わせて予定していたブラジル出張について「行くべきでない、というのが今の結論」と現時点で見合わせる方針を示した。規定額の1泊1万7400円を大幅に超える1泊8万円のホテルしか確保できないことが見込まれたためだ。

   川勝氏は国の基準が現在の海外事情に合っていないことを指摘しながらも、「ルールは守るべき」とした。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中