百田尚樹氏「都知事選、真剣に考えている」  半年前は政治家目指す「作家」を批判...

印刷

   作家の百田尚樹さん(60)が「東京都知事に立候補しようかと真剣に考えている」とツイートし、話題を集めている。ただ、過去には、政治家になりたい作家を「イカサマ野郎」と罵倒していたこともあった。

   舛添要一都知事が辞職してから、都知事選(2016年7月14日告示、31日投開票)には、様々な著名人のうわさが立っている。「東京の顔」には、石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏と人気作家の出身者らが続いていることもあり、注目が集まることは間違いない。

  • ネタなのか本気なのか…
    ネタなのか本気なのか…

「給与カット」知事は全額、議員も半分と

   そんな中で、百田尚樹さんは6月18日朝、突然、都知事選への出馬をほのめかすような発言をツイッター上で行い、「取り敢えず住民票を移して、生まれて初めて東京都民になるか」とつぶやいた。

   ネット上では、驚きの声も上がったが、その15分ほど後には、「でも、都知事選なんかに立候補したら嫁さんに怒られるから、こっそり出ないとあかんなあ」と漏らす。つまり、まだ妻にも「立候補」を相談していないということを告白したわけだ。

   さらに、「いいこと考えた。選挙期間中、嫁さんに海外旅行に行ってもらおう!」と、もうツイートした以上は意味がないこともつぶやく。「夫が落選してるのを知ったら」と、知事選に落ちるのが前提のようなことも書いていた。

   その直後には、スポーツ報知が「百田尚樹氏、都知事選出馬へ『真剣に考えている』」とネット配信記事でツイートの内容を報じた。

   百田さんも、「ツィートして30分も経たないうちに、ヤフーニュースに出るとは!」と驚いてみせた。

   とはいえ、百田尚樹さんは、「僕が東京都知事になったら」として、次のような政策を矢継ぎ早に打ち出した。

「取り敢えず、例の韓国人のための学校用地貸与の契約をなしにする。次に都議会議員の給料を半分にする」「もちろん都知事の給料は全額カット」

   特に、議員の給料は高過ぎるとして、「地方議員の仕事は年に4回ある議会だが、これは全国的平均で一年間に約84日。まさにパートタイマーの仕事。大きな県や都市の議員だと、政務活動費を入れると、2000万円くらい取っている。ええ加減にせいよ!」と怒りをぶつけた。

ネット上では、ネタではないかとの声も

   ただ、百田さんは、15年12月26日のツイートで、「政治家になる気はないか」とよく聞かれるが、自分にはそんな気はまったくない、と明言している。「作家は孤高で自由な言論者であらねばならない。政治家になりたがるような作家やジャーナリストは、すべてイカサマ野郎だと思っている」とまで断言していた。

   今回のツイートは、もし出馬の意思があるなら矛盾する発言になるが、ネット上では、「考えるだけなら自由だからな」とネタではないかとの声も多い。自らの著書が50万部売れたら都知事選に出るのに、と百田さんがぼやいていることから、話題作りではないかとのうがった見方まであった。

   もっとも、「真の愛国保守だよ」「韓国系に厳しいところは買える」と百田さんに期待する声も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中