英国のEU離脱問題が直撃? 円高、株価、そして参院選

印刷

   外国為替市場で急速に進む円高への対応に、政府・日銀が苦慮している。日銀のマイナス金利政策への反発、米国の利上げ先送り、日米の為替介入を巡る確執に、目前の英国の欧州連合(EU)離脱問題と参院選の動向も加えた複雑な多元方程式をいかに解いていくのか。

   2016年6月13日の週は、英国のEU離脱の可能性が高まっているとの不安感が広がる中、米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げ先送り(15日)と、日銀の追加緩和見送り(16日)という日米の中央銀行の決定を受け、外国為替市場で急速に円高が進んだ。

  • 英国の国民投票は株価にどう影響するのか(画像はイメージ)
    英国の国民投票は株価にどう影響するのか(画像はイメージ)

「(日銀は)身動きがとりにくい」との見方

   米国は景気の回復基調を受けて2015年12月に緩和から引き締め(利上げ)に政策転換し、年4回程度のペースで徐々に利上げする予定だったが、ここにきて雇用情勢の改善に遅れが目立ち、利上げペースをダウン。今回も利上げを見送った。

   一方の日銀は16年1月にマイナス金利導入を決め、2月から実施した。日銀は年間80兆円ペースの国債購入を続けるが、すでに日銀の保有国債は発行残高の3割を超え、いずれ限界を迎えるとの見方が広がる中でのマイナス金利導入だったが、それ以降も円高の流れにほとんど効果を発揮できずにいる。さらに、マイナス金利で収益悪化を強いられる金融機関の反発が強まり、最大手の三菱東京UFJ銀行が国債入札の特別資格返上に動き、市場に動揺を与えた。預金者にも利息収入目減りへの不安が広がっている。

   日銀の黒田東彦総裁は、物価上昇率2%の目標達成に向け「必要であれば、躊躇なく追加的な緩和措置をとる」と常に強調し、マイナス金利の一段の引き下げりを辞さない構えだが、市場では「身動きがとりにくい」との見方が強まっている。

   特に、円高の進行は株安に直結し、6月22日に公示される参院選で安倍晋三政権が成果として前面に掲げる「アベノミクス」を傷つける可能性があるだけに、政府・日銀の対応が注目されるが、金融政策を動かしにくい中で、外為市場への当局による介入に、いやが上にも関心が集まる。麻生太郎財務相は「一方に偏った、急激な投機的な動きが見られ、極めて憂慮している。これまで以上に必要な時にはしっかり対応する」(17日午前の閣議後会見)などと、円高をけん制する発言を繰り返している。

高い「介入のハードル」

   しかし、介入のハードルは極めて高い。米国のルー財務長官は為替市場の現状について「おそらく(一部の国にとって)好ましくないだろうが、秩序的だと思う」(6月5日、北京での講演)と、介入に値しない意味の「秩序的」という単語を使い続けており、主要7か国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)の際の日米首脳会談で、オバマ大統領自ら為替への介入をけん制したとの情報もある。オバマ政権がレガシー(遺産)として重視する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の議会での批准に向け、他国の通貨安政策で米企業が不利益を受けて雇用喪失につながるとの議会の懸念を考えると、日本の為替介入を容認できないのだ。

   米国の理解がない中で、「日本は事実上、為替介入できなくなっている」(国際金融筋)との声もある。

   目先の最大の注目点は、6月23日に迫った英国のEU離脱の是非を問う国民投票だ。世論調査で賛否が拮抗するが、離脱となれば、外為市場はリスク回避で英ポンドやユーロ売りに流れ、欧州株価も落ち込む懸念があり、相対的に安全な通貨とされる円が買われて円高が加速する可能性が高い。日銀が6月の金融政策決定会合で追加緩和を見送ったのも、「英EU離脱になれば緩和効果が失われかねないリスクがあったため」(エコノミスト)と指摘される。

   参院選に向け、政界では金融政策への関心がやや後退している。野党が「マイナス金利は撤回させる」(民進党)と批判を強めるのは当然だが、自民党も参院選公約から「大胆な金融緩和」を削除し、「マイナス金利への反発も考慮して、政府・与党はアベノミクスの軸足を財政出動に移しつつある」(全国紙経済部デスク)といわれる。ただ、「円高への懸念は別」(同)。特に、英国でEU離脱が勝つような場合、英ポンドとユーロが暴落、円相場は対ドルでも1ドル=100円を突破し、90円台の円高に突入する可能性も取沙汰される。

   英EU離脱の場合、先進7か国の協調によるドル供給など外為市場、金融市場の安定に努めることになるとみられるが、円高に歯止めがかからなければ、改めて日本当局による介入が現実味を帯びる局面も予想される。その場合、米国を説得できるのか、そもそも介入で円高が止められるのか、国際市場の動きが日本の株価にどこまで影響するか。

   逆に英国がEU残留になっても、欧州通貨安の傾向が容易に反転するとの見方は少ない。

   日本としては、参院選への影響のプラス・マイナスも測りながらの政策判断になりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中