子どもの間で「アベる」が流行? 社民・吉田党首演説を調べてみると...

印刷

   社民党の吉田忠智党首が、2016年6月19日の街頭演説で「アベる」という目新しい言葉を使いながら安倍政権を批判した。「ごまかす、開き直る、はぐらかす」という意味らしく、「最近学校の子どもの間で」「流行っている」のだという。

   かつては新聞のコラムが「アタシ、もうアベしちゃおうかな」という言葉が「流行語」だとして紹介。コラムでは「仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露」だと説明されたが、「『アベする』は本当に流行語なのか」などと疑問が多数出て「炎上状態」になったこともある。

  • 社民党の吉田党首は「最近学校の子どもの間で、『アベる』という言葉が流行っている」(写真は6月19日の党首討論の様子)
    社民党の吉田党首は「最近学校の子どもの間で、『アベる』という言葉が流行っている」(写真は6月19日の党首討論の様子)

「子どもの皆さんにそういう言葉が流行っているというのは深刻ですよ」

   吉田党首はJR有楽町前で行われた野党4党と市民連合による合同街頭演説会に出席。学生団体「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さんから紹介される形で街宣車に上がった。吉田党首は冒頭のあいさつもそこそこに、

「私、最近気になる言葉が2つあります。ひとつは、これまでの約束と異なる『新しい判断』。誰が言ったと思いますか?(聴衆から『あべさーん!』の声)そうですよ!6月1日の記者会見の時に、消費増税を延期するときにそういう発言をしました」

などと、「気になる言葉」のひとつとして「新しい判断」を挙げた。波紋を広げているのが2つ目の「気になる言葉」だ。吉田党首は続けて

「最近学校の子どもの間で、『アベる』という言葉が流行っているそうです。どういう意味か。ごまかす、開き直る、はぐらかす。こういう...子どもの皆さんにそういう言葉が流行っているというのは深刻ですよ」

と演説した。聞いていた聴衆の間からは、「アベる」発言の直後、「ハハハハ...」という笑い声が起きたが、演説を中継していたニコニコ動画には「聞いたことない」「流行ってない」 といったコメントが相次いだ。

   いったい、「アベする」「アベる」という単語は、どの程度使われているのか。

報道直後に「アベする」「アベる」の検索回数が伸びる

   安倍首相が第1次政権で辞意を表明したのが07年9月12日で、前出の「アベする」を紹介して炎上した朝日新聞のコラムは9月25日の紙面に掲載された。

   ある言葉が流行していれば、なんらかの形で検索数に反映されると思われるため、グーグルの「グーグルトレンド」と 呼ばれる機能で「アベする」の検索回数の推移を調べてみた。

   ネット上で「アベする」という言葉は、07年の朝日新聞のコラム掲載直後から多数検索され、結果的にネット利用者の関心を集めたことがわかる。逆に、07年8月以前はほとんどなく、10月が最も多かった。10月時点の「アベする」の検索回数を100とすると、「アベる」の検索回数は77だった。

   だが、07年11月には「アベする」74、「アベる」58と急激に減少し、12年12月の第2次安倍政権発足以降は両単語ともに0~1の低空飛行が続いてきた。

   今回の吉田党首の演説が行われたのは16年6月19日11時頃。それまでほとんどなかった「アベる」の検索回数の推移を見ると、17時30分頃から検索回数が突然増え始め、21時30分頃をピークに再び減少に転じている。吉田党首の演説の結果、「アベる」という言葉が拡散し、検索した人が急に増えたということのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中