やっぱり「亭主元気で留守がいい」? 乙武氏「別居」に理解の声

印刷

   作家の乙武洋匡さん(40)が妻子と別居状態であることを週刊誌がスクープした。数か月前の不倫騒動で再出発を誓った夫妻だったが、最近になって妻・仁美さんが別居を切り出したという。

   ただ、乙武家に亀裂が生じた原因は不倫問題そのものではなかったのかもしれない。「亭主元気で留守がいい」とはよくいったもの。メディアや世間が「一般的な道徳」を基準に騒ぎ立てた結果、夫妻の「均衡」が崩れてしまったようだ。

  • 4月に開いた誕生パーティー(乙武洋匡を囲む会)でスピーチする乙武さん
    4月に開いた誕生パーティー(乙武洋匡を囲む会)でスピーチする乙武さん

乙武氏事務所「別居していることは事実です」

   2016年6月23日発売(首都圏など)の「女性セブン」は、夫妻の知人の話として、仁美さんが6月上旬に別居を切り出したと伝えている。以来、乙武さんは母やスタッフにサポートしてもらいながら事務所で寝泊まりしているといい、離婚を視野に入れた話し合いを進めているという。週刊新潮の最新号も、同様の話題を報じている。

   乙武さんの事務所は23日、J-CASTニュースの取材に「6月上旬から別居していることは事実です」と報道を認めた。「離婚については、夫婦間のことですので全く把握していません」としたが、夫婦間に溝が生じていることは間違いない。

   原因とみられているのは、乙武さんが自宅で過ごす時間がぐっと増えたことだ。

   夫の定年退職後、妻がストレスを溜めてしまうというのはよく聞く話。熟年離婚に至るケースも珍しくない。乙武家においては、ここに「介助」の負担が加わる。

   生まれつき「先天性四肢切断」の障害がある乙武さんは、着替え、トイレ、風呂など、日常生活の大半を誰かにサポートしてもらう必要がある。

   2人は2001年に結婚し、3人の子供を授かった。以降、仁美さんは子育てに追われ、乙武さんに「夜10時を過ぎたらスタッフのいる事務所に泊まる」ことをお願いしていた。

とくダネ!小倉「報道したために、こういうことに...」

   その結果が2015年3月に明るみに出た女性問題だったわけだが、騒動以来、乙武さんが仕事をセーブし、外出を控えたことで、仁美さんの仕事が一気に増えてしまった。3人の子育てと夫の介助は体力的にも精神的にも負担が重く、ついに限界に達してしまった――というのだ。

   以前、仁美さんは「週刊文春」に送ったメールに次のようにつづっていた。

「子どもが生まれてからは、私自身が子育てに精一杯で、心身ともに疲れてきっており、主人の世話から少しでも解放される時間が欲しいと思ったのは事実でした」

   乙武さんは自身で性欲処理をすることができない。22時以降は帰宅しないという「半別居生活」の間、仁美さんが乙武さんの女性の影に薄々気づいていたのだとすれば、皮肉にも「不倫報道」によって夫婦の均衡が崩れてしまった、ということにもなりそうだ。

   不倫報道を受けた謝罪の中で再出発を誓った2人だったが、わずか数か月で前言を翻さざるを得なくなった。

   ただ、この結果に理解を示す声も上がっている。

   23日の「とくダネ!」では、司会の小倉智昭さんが、

「奥さんは十分ご存じだったと思う。だれか(女性)がいて、お世話をしてくれる人がいなければ、彼は生活できないわけですから。それがあることによって、(夫人も)助けられてたことがあったと思うんですよ」

とした上で「複雑ですよね。報道したためにこういうことになってしまったのかなって思うとね...」と苦い表情でコメント。

   「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)の司会、安藤優子さんも、子供3人がまだ小さいことに言及した上で「孤軍奮闘状態なんでしょうね。そこで乙武さんのお世話も、ってことになると、やっぱりパニックになりますよね」と仁美さんへの理解を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中