「ジュニアアイドルの過去」で少女が舞台降板? いったいどんな活動だったのか

印刷

   女優を目指している高校1年生の15歳少女が、クレームが相次いだとして人気ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」を降板し、ネット上で話題になっている。別名でしていた過去の活動に関してではないかというのだ。

   この少女は、黒木ひかりさん(15)で、2016年10、11月に東京や福岡、大阪で行われる公演でセーラー5戦士の1人を演じることになっていた。

  • 自ら降板したと説明したが…
    自ら降板したと説明したが…

主催者側は、「キャストの事情」とだけ説明

   出演者などは5月18日に発表されたが、それが6月14日になって突如、主催者側がホームページ上で別の少女に変更することを明らかにした。理由は、「キャストの事情」とだけ説明されている。

   人気ミュージカルのヒロイン降板だけに、ネット上で波紋を呼んだ。

   その真相については、ある憶測が流れている。黒木さんは、中学生時代に別名で「ジュニアアイドル」をしており、それにセーラームーンファンがクレームを付けたのが原因ではないかというものだ。

   その「別名」は、黒木さん自身がツイッターで認めており、別名時代にはDVDをいくつか出しており、水着姿で胸元などを強調するシーンなどが映されていた。

   実際、セーラームーンの公式ツイッターには、5月下旬にクレームが寄せられていた。黒木さんが演じるはずだったセーラーマーキュリー(水野亜美)は清楚なイメージなのに、ジュニアアイドルをしていた黒木さんはその役にふさわしくないという内容だった。

   こうしたクレームは、1つのツイッターアカウント(現在は削除済み)からあったことだけは確認されている。

   黒木さんも、15日夕になってツイッター上で降板について説明した。

「クレームを聞き、自ら降板」と言うが...

   そこでは、「沢山のクレームがあったと聞いて、仲間や、セーラームーンのファンの皆様に迷惑をかけてはいけないと思い自分から降板しました」と、自らの判断だったことを強調している。その一方で、「毎日ダンスも練習して舞台に立てるのが楽しみでした」として無念さもにじませていた。

   黒木ひかりさんの言うクレームとは、ジュニアアイドル時代のことなのか。

   所属事務所「01familia」にJ-CASTニュースが取材すると、主催者が情報を伏せているとしてそれ以上の回答はなかった。主催者側のネルケプランニングでは、「ホームページに出ている通りです」とだけ取材に答えた。

   ネット上では、黒木さんが降板したことについて、「正しい判断」「主催側としたら面倒だ」と受け止める向きもあった。しかし、疑問の方が多く、「別に降板する必要なくね?」「可愛いのに残念」「過去の仕事でだめとかかわいそうだな」といった声が出ていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中