巨人監督「高橋と長嶋・王」の違い 夏の勝負所と「迫力」の関係

印刷

   プロ野球の交流戦(2016年6月20日終了)はソフトバンクの強さが際立ち、対照的に気になったのは巨人のひ弱さだった。夏場を乗り切れるのか。

   今年の交流戦もパ・リーグが圧倒した。60勝47敗1分け。12年で11度目の勝ち越しである。1位はソフトバンクで、13勝4敗1分け、勝率7割6分5厘。

  • 読売ジャイアンツ本拠地の東京ドーム
    読売ジャイアンツ本拠地の東京ドーム

交流戦、「負け越さなくて良かった」

   そんな中で巨人は最終戦に勝ってなんとか9勝9敗とした。

「負け越さなくて良かった」

   首脳陣がそう言った。ホッとしたというのが本音だろう。交流戦に入ったときの借金1はそのまま残った(32勝33敗3分け)ことになる。

   現実は計算外の交流戦だったと思う。交流戦で最初に対戦したオリックスに3勝。続く日本ハムにも連勝し、いきなり5連勝という最高の出だしだった。

   ところが中盤に5連敗。その中にソフトバンクとの3戦全敗がある。

「(ソフトバンクは)強い、と感じた」

   巨人の主力選手は力の差を認めた。プライドの高い選手の集団であるチームがそう言うくらいだから、よほど痛めつけられた思いなのだろう。

   防御率0点台のエース菅野智之で負けると1カード3試合に全敗する可能性が出てくる。ソフトバンク戦はその典型例だった。

手腕により注目集まる

   今シーズンの巨人は高橋由伸新監督でスタートした。昨(15)年の野球トバク問題などで、この名門球団は威厳を失った。名誉挽回を新監督に託した。

「勝つことで汚名を返上したい」

   高橋監督の決意だった。確かにそれが信頼を取り戻す最良の手段だろう。その高橋監督、見た目には冷静なのだが、逆の見方もある。担当記者の話だ。

「明るさが感じられない。コメントも地味で他人事の感じ」

   長嶋茂雄監督や王貞治監督は勝負にのめり込み、興奮状態にあった。試合が終わると、目が血走っていた。試合中のベンチの緊張感はテレビ画面でも感じ取れた。

   慶応ボーイらしい高橋監督はそれなりの魅力はあるのだが、勝負どころでは迫力が求められる。常勝を期待され、注目を浴びる巨人監督のつらいところである。

   間もなく夏場である。戦力の不安は依然としてつきまとう。これまで投手陣が頑張ってきたが、投手にとって「バテる」という魔の季節を乗り切れるか。6月22日に捕手の小林誠が左肩骨折で離脱した。守りの要だけに影響は出るだろう。

   打線は得点力が低い。阿部慎之助の復帰で厚みが増したものの、その効果が持続しているとはいえない。打率1位の坂本勇人をはじめ村田修一、長野久義ら主軸の成績はいいだけに不思議である。外国人選手の存在がその原因と思われる。

   交流戦終了時点で首位広島と6ゲーム差の2位。3ゲーム差を縮めるには1か月かかるのが普通といわれるから、半端な差ではない。投手陣が崩れたら一気に下位に転落する。高橋監督の手腕に、より注目が集まるのは必至だ。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中