ついに1ドル100円突破! 英、EU離脱「開票速報」で市場大混乱

印刷

   英国の欧州連合(EU)離脱の是非をめぐる国民投票の開票速報が伝えられた2016年6月24日の東京外国為替市場では、当初「残留」がわずかなら優勢と伝えられていたのが、一転して「離脱」が優勢との報道が流れたことから一気に円買いが加速し、11時30分すぎに1ドル100円を割り込み、1ドル99円台まで急騰した。

   円相場が1ドル99円台を付けるのは、2013年11月以来、2年7か月ぶり。

  • 英国の「EU離脱」報道で、市場は大混乱!
    英国の「EU離脱」報道で、市場は大混乱!

日経平均も1000円超える下げ

   「残留」との見方から円高は一服し、24日8時30分すぎには、1ドル105円近辺で値動きしていた。しかし、開票が進むにつれて「離脱」優勢が伝えられたことを受けて、ポンドをはじめユーロやドルなど主要通貨に対して安全な通貨とされる円を買う動きが急速に広がった。

   開票情報が更新されるたびに、円売りと円買いがめまぐるしく入れ替わり、円ドル相場の値幅は4円弱にも達するなど、為替市場は大混乱している。

   一方、東京株式市場の日経平均株価は、英国の国民投票の情勢に絡む円高ドル安の動きを受けて、乱高下している。残留派の優勢が伝えられた9時すぎには、前日比95円52銭上昇して1万6333円87銭を付けたが、その後に離脱派が優勢となると一気に下落。円相場が99円台に突入した11時30分ごろには前日比518円58銭安の1万5719円77銭まで値下がりした。午後の取引がはじまったあとの12時47分には下げ幅が1300円を超え、1万5000円を割った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中