「透明なのに味つき」飲み物、最近多くない? 「不自然で怖い」派VS「健康的な感じ」派

印刷

   本格的な夏の到来を前に、無色透明な「水」に味や香りなどを加えた「フレーバーウオーター」の新商品が続々と登場している。インターネット上でも、「最近、清涼飲料水どんどん透明化してない?」「透明飲料増えたねえ」との声が囁かれるほどだ。

   清涼飲料水の新たな「トレンド」としてブームを巻き起こすフレーバーウオーター。市場調査会社「飲料総研」の宮下和浩取締役は、「低果汁のジュース類に対するマイナスイメージを背景に、『健康に良さそうな』見た目が消費者に受けている」と分析する。

  • 透明飲料ブームは「いつまで続く?」
    透明飲料ブームは「いつまで続く?」

既存ブランド商品を「透明化」

   マーケティング会社の「富士経済」が発表した市場調査の結果によれば、2015年のフレーバーウオーター市場の販売総額は14年比1.7倍の603億円。11年には236億円だったのが、4年間で2.5倍超に伸びている(2016年5月25日発表)。

   市場の拡大が進む中、飲料メーカーもこぞって新商品を投入している。16年1月にカルピス社を吸収合併したアサヒ飲料は、「おいしい水プラス『カルピス』の乳酸菌」シリーズを7月26日から発売する。

   アサヒグループホールディングスの広報担当者は6月21日、J-CASTニュースの取材に対し、「カルピスの乳酸菌を加えた『健康水』として、健康志向の強い消費者にアピールしたい」と説明。ただ、「具体的な健康効果をうたっているわけではない」と付け加えていた。

   そのほかにも、日本コカ・コーラの「アクエリアス ウオーター」(6月20日発売)や、サントリー食品インターナショナルの「グリーンダカラ」(5月10日にリニューアル発売)など、既存ブランドの商品を「透明化」する動きも目立つ。

   このように、新商品が続々と登場するフレーバーウオーターについて、ツイッターやネット掲示板などには、

「最近、水みたいに透明なのに実は味が付いてる飲み物多くない?」
「いままで着色料で色着けて売ってたものを透明なまま売ることで、新鮮だし何か健康的な感じすらする」
「何でもかんでも無色透明にしてるけど不自然で怖い」

など賛否それぞれの意見が出ている。

「いつまでもブームが続くとは思えない」との指摘も

   前出の宮下氏によれば、透明な飲料が消費者に好まれる理由は、「低果汁のジュース類に対するマイナスイメージ」が背景にある。人工着色料や甘味料などを避け、「自然由来の健康的な飲料」を求める消費者の増加を受け、メーカー側が考えたのが「健康に良さそうな」透明の清涼飲料水なのだという。

   健康志向が強く、普段は水や茶ばかりを購入する消費者であっても、甘いジュースが飲みたいときもある。宮下氏は、そうした人でも「罪悪感なく手に取りやすい」ことが流行の一因になっているとも説明する。

   フレーバーウオーターは、2010年7月に日本コカ・コーラが発売した「い・ろ・は・す みかん」が流行の火付け役となった。それから約6年。ここ最近の市場動向について、宮下氏は、

「味や香りでの差別化が難しくなり、メーカーは既存の『ブランド力』を活かした展開を進めているのが現状です。アサヒ飲料が発売する『おいしい水』と『カルピス』のコラボ商品がいい例でしょう」

と分析する。さらに、「フレーバーウオーターは、あくまで『健康に良さそうに見える』商品。そうしたイメージが、いつまで消費者に通用するかは分かりません」と述べ、「いつまでもブームが続くとは思えない」と結論付けていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中