共産党「人殺し予算」発言「取り消し」 「不適切だった」のはどこまで?

印刷

   共産党の藤野保史政策委員長が2016年6月26日のNHK「日曜討論」で防衛費について「人を殺すための予算」と発言し、批判を受けて発言を取り消した。共産党関係者が公式の発言を取り消すのは非常に珍しく、ほとんどのメディアが取り上げた。

   ただ、番組の中では発言の訂正を求められても反論を試みたり、番組後に出したコメントでも、前提条件を付けずに発言したことを「不適切」な理由として挙げたりするなど、表現そのものを不適切だと考えているかどうかははっきりしない。

  • 発言を取り消した後も批判コメントが相次いでいる(写真は藤野氏のフェイスブック)
    発言を取り消した後も批判コメントが相次いでいる(写真は藤野氏のフェイスブック)

防衛費なのか、軍事費なのか

   発言は、正社員と派遣社員の賃金格差や、所得の再分配について議論する中で出た。自民党の稲田朋美政調会長と民進党の山尾志桜里政調会長が交互に発言し、その次に藤野氏が発言した。藤野氏は16年度予算で初めて防衛費が5兆円を超えたことを念頭に、

「軍事費が戦後初めて5兆円を超えましたけど、人を殺すための予算ではなくて、人を支えて、育てる予算を優先していくと...」

と主張した。稲田氏は横から

「そういうのは言い過ぎですよ、日本を守るためですから。全然あべこべ」

と発言を非難したが、藤野氏はそのまま発言を続けた。

   次に発言した公明党の石田祝稔政調会長は冒頭、

「まず、さっきの取り消した方がいいですよ。人を殺すための予算だなんてねぇ...それはねぇ、大問題ですよ」

などと「忠告」。藤野氏は「軍事費ですよ!」と反論したが、石田氏は

「自衛隊が違憲と言っている共産党だから分からなくもないんだけれども、人を殺す予算というのは、これは取り消したほうがいい、そう思いますよ。これは御党のためにいっておきますよ」

と続け、自民・稲田氏も「そうですねー」と同調。藤野氏は改めて「軍事費じゃないですか」と反発していた。

   それ以降も

「防衛予算を人を殺すための予算、というのは訂正したほうがいい」(おおさか維新の会の下地幹郎国会議員団政調会長)
「まず、人を殺す予算というのは、政治家の発言としてまずいと思う。国防というものは、国民の命を守るためにあるわけで、戦争はしないというのは、日本国民であれどの国の政治家も思っている。決して人を殺すわけではない。国民の命を守るために国防がある」 (日本のこころを大切にする党・和田政宗政調会長)

などと発言を非難する声が相次いだが、番組中で藤野氏が発言を訂正したり取り消したりすることはなかった。

安倍首相はFBで共産、民進を挑発

   だが、この発言に対する批判が相次ぎ、藤野氏は17時過ぎにツイッターとフェイスブック(FB)に

「この発言は、安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の武器・装備が拡大していることを念頭においたものでしたが、テレビでの発言そのものはそうした限定をつけずに述べており、不適切であり、取り消します」

と書き込んだ。一応、発言は「不適切」だとして取り消した形だが、安保法制により海外への自衛隊派遣に必要な費用が増えていることを説明すれば「人を殺すための予算」という発言が正当化されるともとれる内容だ。

   藤野氏の「取り消し」の後、FBのコメント欄には、

「軍事費の大部分は人を殺傷し物を破壊するためであることは明らかです」
「戦闘機自体が、人を殺す道具です」

と最初の発言を支持する声も少数ながら寄せられたものの、

「自己中心的な共産党の考え方の典型」

などといった批判的な声の方が圧倒的に多かった。

   一方、与党側はここぞとばかりに、この発言を激しく非難している。藤野氏が発言を取り消してから3時間が経過した20時過ぎ、安倍晋三首相のFBが反応した。安倍首相本人による書き込みなのか、秘書による書き込みなのかは必ずしも明らかではないが、藤野氏の発言について

「耳を疑いました」

と触れた上で、

「国民を守る為昼夜分かたず汗を流す自衛隊員やその家族に対する侮辱であり、憤りを感じます。もっとも志位委員長も『自衛隊は憲法違反、将来解散する。だけど災害時には活用するし防衛出動もさせる。』との趣旨をテレビで述べ顰蹙をかっています。そんなご都合主義が通るはずがありません。全く無責任です。あくまで共産党と共同歩調をとる民進党も同じです。この無責任な民進党、共産党に日本の未来を託すわけにはいきません」

などと共産、民進党を非難。さらに、このFBのコメント欄に安倍首相の名前でコメントが投稿され、

「共産党はやっと取り消したようですが、民進党反応無しですか?」
「どこまでもついて行くのですね」

と書き込み、両党を挑発した。

   6月27日付の機関紙「しんぶん赤旗」は、藤野氏が発言を取り消したという事実関係を淡々と報じただけ。民進党の前原誠司元外相(党ネクスト財務・金融相)は6月27日、埼玉県行田市内で記者団に対して「極めて悪質でひどい発言」などと話したが、民進党執行部は現時点では特段の反応を見せていない。

   過去の国会議員による自衛隊をめぐる発言では、2010年11月、民主党政権の仙谷由人官房長官(当時)が参院予算委員会で「暴力装置でもある自衛隊」と発言して批判を浴び、後に「実力組織」と訂正して謝罪したことがある。13年9月には、山本太郎参院議員が、自然災害の復旧現場でボランティア活動に参加していた際、現場の自衛隊の任務について「人殺しの訓練」と表現したことがツイッターなどで拡散され、批判が出たこともある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中