ムスダンは「大気圏に再突入」 米国防総省が分析

印刷

   米国防総省のデービス報道部長は2016年6月27日(米東部時間)、北朝鮮が6月22日に2発発射した長距離ミサイル「ムスダン」のうち、2発目が宇宙空間から大気圏に再突入したとする見方を示した。共同通信や韓国の聯合ニュースが伝えた。

   デービス氏は、ムスダンが北朝鮮から約400キロ離れた日本海に落下したとした上で、この落下地点が北朝鮮の狙い通りなら発射が「成功したと言える」と評価。発射そのものが成功だったかについては言及しなかったという。仮に北朝鮮が発射に加えて再突入の技術も向上させていたとすれば、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発が前進する可能性がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中