名古屋城天守閣、木造で復元 2027年の完成予定

印刷

   戦時中の空襲で焼けた後に鉄筋鉄骨コンクリート造りで再建された名古屋城の天守閣が、木造で復元される見込みになった。名古屋市の河村たかし市長が2016年6月27日の市議会で、リニア中央新幹線が開業する27年までに完成させたい意向を表明した。当初、河村市長は東京五輪・パラリンピックがある20年の完成を目指していたが、それを断念した形だ。総事業費は500億円を見込む。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中