神田うの、奨学金「自己責任論」で賛否激突 「完全に正論」「根本的な理解が欠如」

印刷

   「月々1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」――。タレントの神田うのさん(41)が、奨学金問題をめぐって展開した「自己責任論」が、ネット上で物議を醸している。

   神田さんの持論に対し、ネット上では「借りたものを返すのはあたりまえ」として「正論」と取る向きもあれば、「生まれてこのかたお金に困った事がないヤツに言われても」と反発する声も目立ち、賛否が広がっている。

  • 奨学金めぐる発言が賛否広げる(画像は神田さんのブログより)
    奨学金めぐる発言が賛否広げる(画像は神田さんのブログより)

「自分で借りてるわけだから、ちゃんとお返ししないと」

   奨学金をめぐる神田さんの発言は、2016年6月30日放送の情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)で飛び出した。番組では「若者が破産...『奨学金制度』のゲンジツ」と題し、奨学金の返済を滞納し、自己破産に追い込まれる若者が急増しているという問題を特集した。

   その一例として、在学中に月8万円の奨学金を受け取っていた男性のケースが紹介された。この男性は、卒業から半年後に月あたり約1万6000円の返済が始まったが、徐々に返済が滞る状況に。その後、返済を求める連絡が職場にまで及ぶようになり、会社からの信用はガタ落ち。さらには裁判所からの督促状も届くなど、軽い気持ちで借りた奨学金に後悔する若者の姿が再現VTRで取り上げられた。

   コメンテーターとして番組に出演していた神田さんはVTRの終了後、画面がスタジオに戻るやいなや、「(世間を)甘く見てますよね」とピシャリ。「自分で借りてるわけだから、ちゃんとお返ししないと」と続け、「自己責任論」を展開した。

   番組出演者からは「奨学金には借金しているって感覚がないのかも」と擁護する声が飛んだが、神田さんは「う~ん」と納得いかない様子。さらには、

「月々8万円も借りてたわけだから・・・。それが月1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」

との発言も飛び出した。続けて、「1万6000円でしょ?飲みに行かなければいいんだ、飲み代を削ろう!」といった「返済法」も提案していた。

「マリー・アントワネットみたい」

   奨学金の返済に苦しむ若者を「自己責任」と切って捨てた神田さんの発言に対し、ツイッターやネット掲示板では、

「借りたものを返すのは当たり前のこと」
    「完全に正論。返せないのは金を借りといてまともな生活基盤が作れなかった自己責任」

と同調する声が出ている。だが一方で、「問題の本質はそこじゃない」と指摘するユーザーも少なくなく、

「借りる時と返済の状況が違うのわかってますか?」
    「頑張ってもどうにもならないから社会問題になるのであり、根本的な理解が欠如している」

と否定的な意見も上がっている。

   さらには、神田さんの「庶民とは違う金銭感覚」を引き合いに、「コメントする立場にない」と批判する声も目立った。社長夫人の神田さんは、バラエティー番組などでも「セレブ妻」という立ち位置が定着。最近では、雇用していたベビーシッターの女性に高級バッグやジュエリーなど約3000万円分を窃盗された事件をきっかけに、その浮世離れした生活に注目が集まったばかり。

   そのため、一部のネットユーザーからは「生まれてこのかたお金に困った事がないヤツに言われても」「月1万6000円の負担がどれだけのものかって想像できないんだろう」との批判が噴出。なかには、「マリー・アントワネットみたいなこと言ってんな」との呟きも漏れていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中