森喜朗会長「国歌歌えない選手は、日本代表でない」 リオ五輪の選手団壮行会

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会の森喜朗会長が2016年7月3日、都内であったリオ五輪の選手団壮行会のあいさつで、「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」と述べた。

   森会長は、国歌独唱のあとに挨拶に立ち、「どうして、みんなそろって国歌を歌わないんでしょうか」と疑問を投げかけ、「口をモゴモゴするだけではなく、声を大きく上げ、表彰台に立ったら、国歌を歌って...」と求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中