TBS、「行き過ぎた演出」で「深くお詫び」 「出演者をCGで消去」の「深い深い闇」は解明された?

印刷

   TBSは2016年7月5日、「珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー」(6月19日放送回)で「行き過ぎた演出」を行ったとして公式サイトで謝罪した。

   各分野のプロが変わったルールの種目で対決してゲストが1位を予想するという番組で、該当放送回の「双子見極めダービー」には顔相鑑定士の池袋絵意知(えいち)さんがゲストで出演した。だが池袋さんは6月22日のブログで、自身の出演場面を「CGで消されて私は参加していないことに」されたと明かしていた。

  • 「行き過ぎた演出」としたTBS
    「行き過ぎた演出」としたTBS

「演出の一環のつもりでしたが」

   池袋さんのブログによると、自身は「双子見極めダービー」の4回戦まで出場したが、3回戦で脱落したと紹介された。脱落のルールは説明されていなかったが、4回戦の姿をCG処理で消されて3回戦として放送されたので、視聴者は3回戦が最終戦だったかのように受け取ってしまった。「脱落してねーから!」「これは編集ではなくねつ造です」と非難し、法的措置も辞さないと指摘していた。

   7月1日付ブログでは、6月27日にTBSから謝罪されたと明かした。「今回の件は私だけの問題ではなく、深い深い闇が背景にあります」と言い、TBSと話し合いを続けていると語っている。

   7月5日、TBSの公式サイトに謝罪文が掲載された。

「6月19日放送の『双子見極めダービー』の中で、出演者の方からご指摘頂いた収録の順番や、ルール変更の経緯は、演出の一環のつもりでしたが、事前に説明や了解を得ることなく画像を加工し、行き過ぎた編集がありました」「池袋絵意知氏、および視聴者の皆さまに深くお詫びいたします」

   同文を投稿した番組の公式ツイッターには、「お詫びを出すの遅すぎないか?」「なぜこんな演出をすることになったのか経緯を」という声が寄せられている。

あのお笑い芸人もラジオで批判

   この問題に対し、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんは6月30日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で、「こんな...怒りはりますよ、それは、だって」と言及している。

   池袋さんは7月3日付ブログで、「当たり前のことを言ってくれています」とこの発言を取り上げ、「未だに自分を神だと勘違いしている時代遅れのテレビ制作者。岡村さんが言ってるように、バラエティ番組の構成上、順番の入れ替えもあるけども、それは流れ的に面白くするため」と批判していた。

   ブログに書かれたのはTBSから謝罪された後だったため、

「TBSは『行き過ぎた演出』と釈明していますが、これは演出ではありません。バラエティ番組なのに全く笑いにつながっていません。面白くする(視聴者に楽しんでいただく)ためのものではなく、視聴率稼ぎのためだけに行った捏造(行き過ぎた編集)なのです」

と語っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中