もしライザップ流に英語を学んだら やっぱり「あのCMみたい」になる?

印刷

   マンツーマンのトレーニングや食事指導で「結果にコミット」のフレーズで知られるトレーニングジムの「RIZAP(ライザップ)」が、英語教育に進出した。

   「2か月(スタンダードコース、16回)でスリムなボディを得られる」RIZAPが、今度は「2か月でTOEIC の成績を『200点アップする』」とうたっている。

  • あのRIZAPが英語教育に進出、「2か月でTOIEC200点アップ!」をうたう
    あのRIZAPが英語教育に進出、「2か月でTOIEC200点アップ!」をうたう

結果が出なければ「30日間全額返金保証」

   「RIZAP ENGLISH」は、RIZAPを運営する健康コーポレーションの子会社RIZAP イノベーションズと、フィリピンのセブ島で年間4000人以上の日本人が英語を学ぶ英語学校を運営するアチーブゴールとの合弁会社で、2016年7月1日に1号店の「RIZAP ENGLISH」新宿店をオープンした。

   トレーニングジムのRIZAPと同じように、「完全個室」の専属トレーナーによる「マンツーマンレッスン」。受講生の目標にあわせた学習カリキュラムと、個人カウンセリングとシュクダイ制度の指導で「英語脳」を鍛えるという。結果が出なければ、30日間全額返金保証もある。

   インターネットでは、

「えー、でも行ってみたい。自分ひとりじゃ上達しないんだもん」

と歓迎する声や、

「プライベートジムで培った『完全個室』『マンツーマン指導』『オリジナルカリキュラム』という『RIZAPマインド』を継承。それをそのまま英会話に当てはめてくるあたり、なんかちょとこわいわwww」

と、冷やかすような声も寄せられている。

   費用については、トレーニングジムのRIZAPでは、2か月間(16回)のスタンダードコースで約35万円(入会金を含む)かかるが、英語教育の費用では、ベーシックマスタープラン(TOEICスコアの目安で400点以下)が、受講期間1か月(8回)で19万9000円(入会金含む)、TOEICスコアアップコース(TOEIC400点以上)のトライアルコース(2か月、16回)では34万8000円になっている。

美容・健康事業が業績のけん引役

   強烈な印象を残すテレビCMで一躍有名になった「RIZAP」だが、運営する健康コーポレーションは美容と健康事業を軸に、アパレルや住関連ライフスタイル、エンターテイメントなどの事業にも進出している上場(札幌アンビシャス、現RIZAPグループ)企業。ここ数年は、美容・健康事業とのシナジーを生む可能性の高い事業を、積極的なM&Aによって手にしているほか、業務提携にも熱心だ。最近では、低糖質スイーツの共同開発や、食事・運動に関する書籍を発売するなどしている。

   同社では、トレーニングジムのRIZAPを中心とした美容・健康事業が業績のけん引役ではあるが、2015年2月に公表した中期経営計画「COMMIT 2020」によると、21年3月期の連結売上高3000億円(16年3月期実績は554億円)、営業利益350億円(同50億円)の目標達成に向けて、既存事業の成長とともにM&Aによる業容拡大も行う方針。「教育」は事業の新たな柱になるのか、注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中