小池バージョン「小泉劇場」 「議会解散を公約」真の狙い

印刷

   小池百合子・元防衛相(63)が東京都知事選(2016年7月14日告示、31日投開票)への出馬を正式に表明したことで、一気に都知事選が「劇場化」の様相を帯びてきた。

   7月6日に開いた出馬会見では、自らへの推薦を渋っている自民党東京都連を「ブラックボックス」だと批判し、公約の1項目目には都議会の「冒頭解散」を掲げた。議会による不信任案が可決されなければ議会の解散はできないが、小池氏は「都民の声を聞いてみましょう」と主張。自らの「敵」を明確に設定し、その是非に関する判断を民意に委ねようとする手法は、2005年の「郵政解散」に見られたような「小泉劇場」そのものだ。

  • 小池百合子氏は都議会の「冒頭解散」を公約に掲げた
    小池百合子氏は都議会の「冒頭解散」を公約に掲げた
  • 公約が書かれたフリップを手に会見場を後にする小池百合子氏
    公約が書かれたフリップを手に会見場を後にする小池百合子氏

「都民目線の信頼を回復するために、都議会を解散したい」

   小池氏は出馬会見で、公約について

「いきなりですけれども、都民目線の信頼を回復するために、都議会を解散したい。よく『分裂選挙』ということが言われるが、分裂は都議会自民党と都民の間の分裂ではないか。民心が離れては、都民に寄り添った温かい政策は遂行されない。都民の声を聞いてみましょう」

などと「冒頭解散」の意図を説明した。これは、郵政民営化法案が参院で否決されたことを理由に衆院を解散した05年の郵政解散を思い出させる。小泉氏は解散時の会見で、

「郵政民営化に賛成してくれるのか、反対するのか。これをはっきりと、国民の皆様に問いたいと思います」

と述べており、是非を「聞いてみたい」という点で共通している。「解散」の具体的な手法については、

「私でダメだということであるならば、議会は不信任(案)を出して来られるということは可能性としてある。私が知事としてふさわしくないと都議会の議員、現在の議会の方々が考えると、不信任案が出てくることも考えられる。もちろん、私が議会を解散するには、まず不信任(案)が出なければいけないというのは、当然承知している」

と述べるにとどめたが、現実的に小池氏がどのような手を打てるかははっきりしない。早くも知事経験者からは公約が現実的ではないとの声が相次いでいる。松井一郎大阪府知事はツイッターで、

「都議会解散!?知事にそんな権限はありません。あれば、橋下知事時代にやっていますよ。最初からありえない公約で大丈夫なんでしょうかね」
「本気でやる根性あるかなー。永年の自民党議員としてのしがらみを全部断ち切ってやるでしょうかね」

などと実現性を疑問視。橋下徹・前大阪市長も、松井氏のツイートに返信する形で

「あそこまで都議会との対決姿勢を宣言すれば、自ら地域政党を作るしかないでしょう」

と応じた。橋下氏も、

「小池さん、記者会見では不信任がなければ解散できないとも。ただそうであれば自らの公約には掲げられないはず。だって自ら不信任に値することをやるという宣言だから。これは都議会と対決するという有権者向けメッセージだね」
「都民の信頼を得ていない都議会を成敗しますよ、という有権者向けのメッセージでしょうね。議会と対決してでも改革断行!よりも議会解散!の方がメッセージが強いですから」
「冒頭解散の実行性・可能性は0ですね。そういう意味ではいきなり公約違反」

などとして、小池氏が強いメッセージを与えることには成功したとしながらも、現実的には都議会は解散できないため、公約違反につながりかねないとの見方を示した。

伸晃氏「やっぱり小池先生は、自由人なんですね~」

   小池氏は、都連への敵意も隠さない。出馬会見冒頭では、

「東京都連の一員に名を連ねてきた私だが、正直申し上げまして、どこで誰が何を決めているのかということが、不透明なことが多かった、そんな思いだ。ブラックボックスのような形だった」

などと述べ、「都連に対する挑戦なのか」という記者の質問には

「挑戦というわけではないが、都連の方で、(候補者選定を)別の形で進めておられることについては大変残念に思っているので、そういう意味での意思表示だ」

と応じ、都連が増田寛也・元総務相(64)の擁立を目指していることをけん制した。

   小池氏の会見後、自民党の東京都連会長を務める石原伸晃・経済再生担当相は記者団に対して、

「やっぱり小池先生は、自由人なんですね~」

などと不快感を隠さなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中