イベント途中でマスコット倒れる 横浜DeNAの「スターマン」

印刷

   横浜DeNAベイスターズのマスコット「DB.スターマン」がイベント途中で倒れる、というアクシデントが2016年7月7日夕に起きた。横浜スタジアムのグラウンド内で倒れて動けなくなったスターマンを、スタッフらが支えて搬送した。こうした様子をうつした写真や動画がネット上で配信されると、熱中症ではないかと心配する書き込みをする人も相次いだ。

 

   この日は「キッズSTAR☆NIGHT~こども野球しゅのうかいだん~」が開催され、公式ファンクラブのキッズ会員が多数、集まった。イベントの途中、スターマンは子供たちに交じり座って話を聴いていたが、いちどその場であおむけになった。その後立ち上がり、フラフラと少し歩いた後に転倒し動かなくなった。始めはネタだと思った観客もいたようだが、ほどなくスタッフが近寄り、様子を見て両脇を抱えてグランド外に搬送すると、会場は一時ざわついていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中