「オレがいつ錦糸町に行ったと...」 笑点大喜利、2週続けて「円楽いじり」

印刷

   参院選投開票日に放送された「笑点」(日本テレビ系)の大喜利で、またも三遊亭円楽さんの不倫をいじるネタが炸裂した。

   2016年7月10日の放送で、最後に出た「お題」は、「初の18歳選挙」。全員が学生帽をかぶり高校生になりきって、回答メンバーはまず、「●●の理由で選挙へ行った」などと自慢する。その後、司会の春風亭昇太さんから「すげえなあ、お前」と言われ、最後の一言を返す、という内容。一見、不倫とはまったく関係なさそうだが...

  • 「腹黒」「友達いない」に加え「不倫」が新たな持ちネタに
    「腹黒」「友達いない」に加え「不倫」が新たな持ちネタに

座布団をとられた小遊三さんが放った「反撃」

   円楽さんは5人目に指名された。「(笑点メンバーの三遊亭)小遊三(さん)が選挙に出ていたので、1票入れてやった。面白いから」と切り出した。昇太さんの「すげえなあ」の合いの手のあと、「無所属って刑務所(ムショ)の事だろ」とダジャレの回答。何かと「悪(ワル)キャラ」ネタを連発する小遊三さんを念頭に置いたもので、このお約束の「小遊三いじり」に会場は笑いに包まれた。

   すると、昇太さんは、回答した円楽さんの座布団ではなく、「小遊三さんの1枚持ってって」と指示。「何でだよ」と不満をもらす小遊三さんに、昇太さんは「日頃の悪い行いが、こういう答えを生むんです」と反撃。すると、小遊三さんは、さらに不満そうに

「オレが何、悪い事...オレがいつ錦糸町へ行ったって言うんだよ」

とつぶやいた。会場はここで、さらに大爆笑となった。

   小遊三さんの反撃は、円楽さんが写真週刊誌「フライデー」(<首都圏など>6月10日発売号)に一般女性との不倫を報じられた際、2人が「錦糸町のラブホテル」へ入った、と伝えられた事を踏まえたもので、先週の放送に続き、円楽さんの「不倫ネタ」が大喜利の材料になった。

「銀ブラ」もイジられる

   小遊三さんからのこの「反撃」に、円楽さんは苦笑いを浮かべるしかなく、目を細めてうつむいていた。

   次の林家たい平さんも「小遊三いじり」で、昇太さんはまたも、小遊三さんの座布団を1枚持っていくよう指示、すると小遊三さんは、

「何でだよ、オレは銀ブラだってしたことないのに」

   これも、円楽さん不倫報道で、「錦糸町ホテル」の前に銀座で食事するなど銀ブラしていたと報じられたことをイジったものだ

   ここでも会場は大爆笑、昇太さんらは「もう止めさない」とばかりに、手を払うような仕草で小遊三さんを制止した。円楽さんは、ここでも苦笑い。

   笑点の放送時間は、まだ参院選投票の締め切り前。笑点のこうしたやりとりを見て、「やっぱり投票へ行くか」と気が変わった人もいた――かもしれない。

   円楽さんが不倫報道を受け、報道内容を認める会見を開いたのは6月10日。「笑点」は基本的には事前収録したものを放送するため、円楽不倫ネタが「解禁」されたのは7月3日だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中