自民新顔・朝日健太郎氏「初バンザイ」 199センチで手が上げられず【参院選2016】

印刷

   参院選の東京選挙区で初当選の当確が出た、自民党新顔の元ビーチバレー日本代表、朝日健太郎氏(40)の「初バンザイ」が、ちょっとした話題となっている。

   2016年7月10日夜、テレビ東京系の選挙特番「池上彰の参院選ライブ」で、「(朝日氏は)背が高いということもあり、手が上がらなかった」と、選挙事務所からレポーター役が報告した。

  • 朝日健太郎氏の選挙ポスター
    朝日健太郎氏の選挙ポスター

選挙事務所が狭く、天井も低い

   朝日氏は199センチの長身。選挙事務所が狭く、天井も低いことから「バンザイの時、背が高いということもあり、手が上がらなかったんですね」(レポーターのタレント小島瑠璃子さん)。

   その後、朝日氏らがバンザイする場面の録画映像が流れた。朝日氏は天井を気にしてか、肩から肘までを垂直に、ではなく横から前方に伸ばし、肘から上の部分を直角に上げる形になり、タレントせんだみつお氏の往年のギャグ「ナハナハ」のポーズの角度を直角にしたような感じだ。この映像が流れると、スタジオからは「アハハハ」という女性陣の笑い声や、「ホントだ」という男性の声も聞こえた。

   朝日氏は、その後の池上氏からの質問に対し、自身が長年取り組んできたスポーツは、経済や子育て、健康など多岐にわたる分野と関係するため、今後、勉強しながら所属委員会を決めたい、との考えを示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中