安倍首相、靖国不参拝続ける? 「批判、甘んじて受け止めたい」

印刷

   安倍晋三首相は2016年7月10日夜に放送されたテレビ東京の選挙特番で、2013年12月を最後に靖国神社を参拝しないことについて保守勢力からの批判が出ていることについて「甘んじて受け止めたい」と述べた。

   今後も外交関係に配慮して当分は参拝を見送る方針を示唆した形だ。

  • 安倍首相は引き続き靖国神社参拝を見送る方針を示唆した(2016年6月撮影)
    安倍首相は引き続き靖国神社参拝を見送る方針を示唆した(2016年6月撮影)

「政治家に求められているのは、いわば思想家ではないから...」

   安倍首相の発言は、司会の池上彰氏との中継の中で出た。池上氏が安倍政権で日韓関係が改善したと指摘する中で、

「靖国神社に参拝されないとか、そもそも安倍総理をずっと支えてきた、支援してきた保守勢力の中には、『安倍さんは真の保守総理ではないんじゃないか』という批判の声も最近出ている」

と質問したのに対して、安倍氏が

「政治家ですから、結果において、様々なご批判、あるいは評価もあるのだろう。それは甘んじて受け止めたい」

と答えた。池上氏が

「ご自分の思いや支持者の思いはありますけれど、総理大臣としてやるべきことをやっていくんだ、ということですね?」

と念を押すと、安倍氏は

「政治家に求められているのは、いわば思想家ではないから、どのように結果を残していくのかなんだろうと(思う)。任期を通じていかに結果を出していくかということだと思っている」

と応じ、中継は時間切れになった。

   安倍氏が最後に靖国神社を参拝したのは、第2次政権発足から1年が経過した2013年12月26日。直後に近隣諸国が反発したのに加えて、駐日アメリカ合衆国大使館が「失望している」と異例のコメントを出した。それ以降、安倍首相は靖国神社へは「真榊(まさかき)」を奉納するにとどめていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中