永六輔さん、83歳で「大往生」 「上を向いて歩こう」作詞

印刷

   「上を向いて歩こう」などのヒット曲の作詞を手掛けたほか、ラジオのパーソナリティ、エッセイストなど多方面で活躍した永六輔さんが2016年7月7日に死去していたことが11日、分かった。83歳だった。読売新聞など各紙が報じた。

   東京・浅草のお寺の息子として生まれ、早稲田大学を中退。在学中からラジオ番組に投稿するなどし、テレビ草創期から様々な番組の企画・演出で放送界に深くかかわった。

  • 6月27日の放送で終了したTBSラジオ「六輔七転八倒九十分」の公式サイトより
    6月27日の放送で終了したTBSラジオ「六輔七転八倒九十分」の公式サイトより

中村八大さんと組んでヒット曲を連発、「気骨の放送人」

   60年代にはNHKで放送された人気バラエティ「夢であいましょう」の脚本を担当した。さらには自らテレビやラジオに出演、独特の早口の語りで人気を博した。特に67年から2013年まで続いた「永六輔の誰かとどこかで」はラジオ界きっての長寿番組として知られた。

   作詞家としては、作曲家の中村八大さんと組んでヒット曲を連発。「黒い花びら」「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」などがある。そのほか、「見上げてごらん夜の星を」「いい湯だな」なども作詞した。

   芸能界にとどまらない活動でも知られ、一時は「尺貫法」の復権にもとりくんだ。1977年には革新自由連合の結成に参加し政治活動にも進出。83年の13回参議院選挙に比例代表区から出馬したが落選した。

   94年には『大往生』がベストセラーになり、200万部を売り上げた。ここ数年は病気と闘う生活で6月に全レギュラーを降板していた。戦後放送界の立役者、生き字引のような人で、マイナーなことにも目配りし、タブーにも踏み込み、しばしば放送局とは摩擦も起こした。ふつうならちょっと言いにくいようなことも、問題だと思えば物申すことができる、数少ない気骨のある放送人の1人だった。

   永さんが長年CMキャラクターを務めていた浅田飴は11日午後、公式ツイッターに「弊社CMなどで大変お世話になりました。素晴らしい言葉の数々、大切にして参りたいと思います」などと追悼文を投稿した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中