C.ロナウド負傷交代後、まさかの「監督化」! ポルトガルEURO初優勝で絶賛の嵐

印刷

   サッカー欧州選手権(EURO 2016)決勝が日本時間2016年7月11日早朝に行われ、延長戦の末、ポルトガルがフランスを1対0で下して初優勝を果たしたが、強烈な印象を与えた「監督」がいる。

   ポルトガルの世界的FWクリスティアーノ・ロナウドは負傷交代というアクシデントに見舞われた。しかし、治療後にベンチに戻ると、テクニカルエリアに飛び出し、監督を押しのけて檄を飛ばし、味方に指示を送り続けた。その様は未来の指揮官そのもので、ネット上では「今大会一番の思い出」との声が上がるほどの「ロナウド監督」ぶりだった。

  • サントス監督を押しのけて味方に指示を出すクリスティアーノ・ロナウド(写真:ロイター/アフロ)
    サントス監督を押しのけて味方に指示を出すクリスティアーノ・ロナウド(写真:ロイター/アフロ)

前半早々にピッチを去る想定外のアクシデント

   決勝戦の雌雄はエースのロナウドの出来次第とみられたが、前半8分に相手選手と接触し、左ひざを負傷。プレー続行不可能と判断され、早々と交代を余儀なくされた。ポルトガルにとっては最悪の事態で、ロナウドもピッチ外に運ばれる担架の上では、無念のあまり目頭を押さえ、涙を流す場面がテレビカメラに映し出された。

   まさかの展開に、日本では

「ロナウドいないとつまんないー」
「大変残念としか言い様がない」
「テレビをそっと消したわ。 寝ます」

と落胆するツイッターユーザーが続出。

   しかし、ロナウドはここで終わらなかった。ベンチに戻っても休むことなく、テクニカルエリアから選手を鼓舞。負傷した左脚を引きずりながらも右へ左へ動きまわり、大きなジェスチャーで選手に指示を出す。交代で出場していく選手は背中をバンバンと叩いて送り出し、味方が惜しいチャンスを逃すと、サントス監督に体当たりして悔しさを表現した。

   本家監督顔負けの躍動ぶりに、ネットでは

「ロナウド監督は今大会一番の想い出になるかも」
「将来名監督になりそうな予感」

といった声が出た。

チームメート、本物の監督も賞賛

   その威光はチーム内でもポジティブに作用していたようだ。決勝点をあげたFWエデルは、後半に途中投入される際、「ロナウドに『決勝点を決めるのはおまえだ』って言われた。彼が信頼してくれた」と試合後に明かしている。

   マン・オブ・ザ・マッチに選出されたポルトガルのDFペペは「ロナウドはいつでもゴールを決める、チームの希望だった。彼が負傷交代したとき僕はチームメートに、ロナウドのために勝たなければならないと伝えた」とコメントした。

   お株を奪われた形のサントス監督も試合後、

「ロナウドには信じられないスピリットがある。彼がベンチにいることも大きな助けになった。彼に感謝したい」

と最大限の賛辞を贈っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中