NYダウ、1年2か月ぶりに最高値更新 日経平均も一時上げ幅300円超

印刷

   米ニューヨーク株式市場は2016年7月12日、米国経済の先行き懸念が和らいだことから、ダウ工業株平均が3営業日連続で上昇。終値は前日より120ドル74セント高い1万8347ドル67セントで、15年5月以来約1年2か月ぶりに史上最高値を更新した。ハイテク株が中心のナスダック総合指数も34.18ポイント上げて5022.82となり、今年初めて5000の大台を超えた。

   雇用統計が大きく改善した影響が続いていることに加えて、英国の新しい首相が決まったことで景気の不安定感が払しょくされたことや、日本や欧州が金融緩和に踏み切るのではないかとの期待感も相場を後押しした。

   一方、ニューヨーク外国為替市場では、安全資産とされる円が売られた。12日17時時点の円相場は前日比2円近い円安ドル高の1ドル=104円62~72銭だった。

   その流れを受けてはじまった13日の東京外国為替市場の円相場は、前日比1円超の円安ドル高の1ドル=104円後半で推移した。

   米株式市場の上昇と円安の流れを受けた東京株式市場は13日、日経平均株価が一時348円60銭高の1万6444円25銭と、上げ幅が300円を超えた。終値は135円78銭高の1万6231円43銭で終えた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中