遅すぎた?極楽・山本テレビ復帰 めちゃイケ出演決定も...反応微妙

印刷

   もう何年も前から「復帰説」がささやかれ続けてきた極楽とんぼ・山本圭壱さんが、ようやく本当にテレビに帰ってくることとなった。2016年7月16日にサンケイスポーツなど各紙が報道、相方の加藤浩二さんもラジオ番組でこれを認めた。

   それも、かつてレギュラー出演していた「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)のスペシャル(30日放送)といういわば最高の「復帰の舞台」である。かつてのファンたちもさぞ盛り上がっているのだろう――と思いきや、どうも冷めた声も目立つようだ。

  • 山本さんのツイッター。更新頻度はそれほど高くない
    山本さんのツイッター。更新頻度はそれほど高くない

「絶対見る!」という声もあるけれど

   確かにツイッターなどでは、「うぉ!ついに、めちゃイケに山本出るのね!!この日の放送は絶対見たいね!どんな感じなんだろ」「えーー!!まじかよ!!おかえり!!山本さん!!油谷さん大好きでした!!」「とにかくまた極楽とんぼが観られる嬉しさ」などと、往年のファンからの感激の声も決して少なくはない。だが、

「もう需要ないんじゃないかなと思ってしまうんですが...」
「ニュース見ても全く心躍らない。とにかくすべてが遅すぎ」
「今戻ってきて果たして昔みたいに笑えるのだろうか」
「めちゃイケ、山本が帰ってきて最終回でいいんじゃないかな」

と「いまさら......」のため息があちこちから聞こえてくるのも事実だ。

   山本さんが出演していたころの「めちゃイケ」といえば、視聴率は20%近くをキープ、スペシャルともなれば30%を超えることもある国民的人気番組だった。だが放送開始から20年、視聴率はこのところ一桁台が定位置に。レギュラーだった三中元克さんの降板や、6月25日の放送での「ガッツ石松さん途中帰宅」騒動など、定期的に話題にはなるものの、「20周年感謝スペシャル」と銘打った4月16日の特番でさえ7.8%と低調、週刊誌などでは何度となく「打ち切り危機」が書き立てられている。

   山本さんの復帰は、いわば長年温存してきた切り札だが、これがどこまで反響を呼べるかは、今のところ未知数だ。

和田アキ子さんらは応援コメント

   長年復帰を訴え続けてきた相方・加藤さんは17日未明のラジオ番組「オレたちゴチャまぜっ!」(MBSラジオ)で、山本さん出演回の収録がもう行われたことを明かしたが、内容については「オンエアを見ていただきたい」と語るのみ。

   一方、電話で連絡を取り合っているという和田アキ子さんは17日昼の「アッコにおまかせ!」で、「本人元気やし、やる気満々で」と近況を紹介し、「頑張ってほしいと思います」と激励の言葉を送っている。

   山本さんは2006年に不祥事で芸能界を去って以降、宮崎県で肉巻きおにぎりの販売に携わったり、地元・広島県の飲食店で働いたり、寺で修行したりと職を転々としてきた(なお現在の公式サイトでも「仕事内容」として、芸能活動以外に、「各種イベント企画・プロデュース」「飲食店プロデュース・コンサルタント」などが挙がっている)。

   2015年に舞台で復帰、2016年5月にはツイッターも開設するなど、本格復活への動きが続いていた。現時点では番組出演への言及はなく、最後のツイートは6月20日の、ボストンレッドソックス・上原浩治選手とのツーショット写真だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中