16年上期の貿易収支、やっと黒字 震災以来5年半ぶり

印刷

   財務省が2016年7月25日に発表した貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた、16年上期(1~6月)の貿易収支は1兆8142億円の黒字(前年同期は1兆6976億円の赤字)だった。半期ベースでは、東日本大震災前の10年下期(7~12月)以来、5年半(11期)ぶりの貿易黒字に転じた。輸出額は減少したものの、原油価格の大幅な下落で輸入額の減少の方がさらに大きくなったためだ。

   世界経済の減速などの影響で、輸出額は前年同期比8.7%減の34兆5183億円だった。2半期連続の減少で、落ち込み幅はリーマン・ショックの影響があった2009年7~12月期(23%減)以来の大きさとなった。

   一方、輸入額は17.2%減の32兆7041億円と、3期連続の減少。10年7~12月期(30兆9931億円)以来の低水準だった。サウジアラビアなどからの原油が38.2%、マレーシアなどからの液化天然ガス(LNG)が46.4%と、エネルギー価格が大幅に減少した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中