ベッキーがTV生電話で披露 さんま相手に「さすが」のテクニック

印刷

   不倫騒動で「休業状態」となっているタレント・ベッキーさん(32)が、2016年7月24日未明に生放送された「FNS27時間テレビフェスティバル!」(フジテレビ系)の1コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」に電話出演した。

   お笑いタレント・明石家さんまさん(61)と芸人顔負けのやり取りを見せたり、「SMAP」の中居正広さん(43)に「中居さん、今度飲みに行きましょう」と呼びかけたり、と元気そうな様子を見せたベッキーさん。しかし、ネットの反応は「さすがの返し」「芸人やアイドルは不倫を擁護するのか」と賛否両論だ。

  • 「本格復帰」はまだか(2016年6月10日撮影)
    「本格復帰」はまだか(2016年6月10日撮影)

「さんまさん、バラエティーって楽しいね」

   このコーナーでは毎年、さんまさんが好きな女性を「ラブメイト10」としてランク付けし、中居さんと語り合う。今回は、ベッキーさんが10位にランクインした。

   番組の途中、さんまさんが「ホンマはここに来て欲しいんやけどねぇ、ベッキーが(電話)かけてくれたらええねや!」と話したことで、ベッキーさん本人に公開で電話を呼びかける流れに。それから約30分後、さんまさんの望み通りベッキーさんは直接電話をかけてきた。

   コーナーをテレビで見ていたと報告し、まずは「ベッキーです。お久しぶりです」とあいさつ。しかし、番組は深夜(未明)のバラエティー。これで終わるはずはなかった。「(今)フリーです」と聞いたさんまさんはすかさず、「ベッキーね、もう上っ面で『あの人ステキ』とか言うのやめて、俺とか幸せになれると思うよ。どうや、ベッキー」と電話越しにベッキーさんを口説き始めた。

   ベッキーさんも負けてはいない。「おことわりします」とバッサリ切り捨て、「(フラれたのは)季節関係あるんかなぁ」と追いすがるさんまさんを「季節関係ないかも、さようなら」と振り払う。さらに、上ずった声で「さんまさん、バラエティーって楽しいね」と語りかけた。中居さんにも「今度飲みに行きましょう」と、声をかけることを忘れなかった。

インスタグラムに「ほんまにしてもーた!」

   ベッキーさんの地上波番組出演は、16年5月13日放送のバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)以来、72日ぶり。実に2か月以上のブランクがあるものの、やり取りを見る限り、勘を取り戻している印象だ。放送終了後(7月24日未明)も、インスタグラムに「ほんまにしてもーた!」と投稿し、おどけた。

   一方、ツイッターの反応は

「(さんまさん・中居さんの)愛がたっぷり詰まってた」
「ベッキーも頑張った。さすがの返しだった」
「お笑い芸人・アイドルは不倫を擁護されるんですね」
「やる気があるのか謎だった」

と分かれた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中