記者の「匿名発表に異論」は傲慢? 「19人刺殺」犠牲者めぐり論議

印刷

   神奈川県相模原市の事件で惨殺された障害者19人の名前を県警が非公表としたことについて、「事件の重みを伝えられなくなる」と新聞記者らからツイッターで疑問や批判が出て論議になっている。

   「遺族から強い要望があった」として、神奈川県警が被害者を匿名で発表したことから、各メディアでは、実名など被害者の詳しいことは報じられていない。

  • 被害者の公表は、匿名か実名か(C)Google
    被害者の公表は、匿名か実名か(C)Google

「取材して事件の重みを伝えられなくなる」

   新聞各紙では、性別と年齢だけを一覧表にして列挙する程度だ。遺族への取材も難しいのか、その様子なども紙面でほとんど触れられないままになっている。

   こうした状況について、各メディアの記者らからは、様々な意見が出始めた。

   朝日新聞のある女性記者は、2016年7月27日のツイートで、県警が被害者の名前を伏せたことに対し、こう批判的に書き込んだ。

「匿名発表だと、被害者の人となりや人生を関係者に取材して事件の重さを伝えようという記者の試みが難しくなります」

   一方、共同通信の男性記者はツイッターで、被害者の名前を報じるべきかについて「深い議論が必要」だとしながらも、「『この人たちを見てはいけない、見ないようにすべきだ』とのメッセージになってしまうことを憂慮する」と意見を述べた。

   映像ジャーナリストの綿井健陽さんも、同様な「異常さ」を感じるとし、「ひとりひとりの死がない」と大量殺りくの恐ろしさを説いた詩人の故・石原吉郎さんの言葉をツイッターで紹介した。そのうえで、「相模原の事件で殺害された人たちの名前の公表について、いろいろ考えています」と複雑な心境を漏らしている。

   しかし、ネット上では、報道被害に対するマスコミ不信の声が大きい。

「マスコミってどうしてこんなに傲慢なんだ?」

   前出の朝日記者のツイートは、次々に非難が寄せられ炎上状態になっている。

「マスコミってどうしてこんなに傲慢なんだ?」
「他人の不幸で飯を食いたいだけなのを正当化するなよ」
「遺族の方々に追い打ちをかける行為はやめてください」

   朝日の記者も気にしたのか、その後「補足」として、「被害者・遺族の意向を顧みないでいいとか、匿名では事件が軽くなると言うつもりはありません」とし、報道被害を生まないよう気を付けているとツイートで説明した。

   そもそも、仮に警察など当局が実名発表する場合でも、実名報道にするか匿名報道にするかはマスコミ各社の判断になるが、ネット上では「実名発表=実名報道」と受けとめる向きも多いようだ。

   一方、亡くなられた被害者の性別と年齢だけを列挙するような報道については、ネット上でも、「異様すぎる」との声も上がっている。

   「男性(66)と男性(66)の区別がつかない」「何人亡くなっててもタダの数字にしか感じない」といった指摘だ。

   また、「これじゃ障害を持ってない人が被害者の場合、名前を出されるのと比べて差別されてる」「こういう報じ方をすると 容疑者のやったことは どんどん正当化されるわけだが...」との疑問も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中