上西小百合氏、もはや「噛みつき芸人」?  今度は三原じゅん子氏に「馬鹿」連発

印刷

   「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員(無所属)が自民党の三原じゅん子参院議員に噛みついた。自身のツイッターで、名指しで「馬鹿」呼ばわりしたのだ。

   一部で「入閣候補」と報じられている三原氏の資質を疑問視してのツイートのようだが、上西氏はテレビなどでも過激な個人攻撃が目立っており、一部から「テレビ芸人」としての「売名行為」との指摘も出ている。

  • ツイッターで言いたい放題?(画像は上西議員公式サイトのスクリーンショット)
    ツイッターで言いたい放題?(画像は上西議員公式サイトのスクリーンショット)

「三原議員が勉強してる?本気ですか?」

   きっかけは、上西氏が2016年7月27日に投稿した次のツイートだった。

「もし、三原じゅんこ議員が入閣するなら、自民党は女性議員なんて駒以下だと思ってるんでしょうね。野田聖子議員が入閣しないで三原議員なんて、漫画ですよ。だからいつまでたっても女性議員なんか増えない。でもそれでいいんじゃないかな。女性の敵は実は女性だから」

   8月3日に行われる予定の内閣改造について、一部では三原氏が入閣候補として報じられている。だが、上西氏はこれに納得できないらしい。

   その後、同ツイートに対して「三原じゅんこ議員はそこいらの男性議員より勉強していますよ」とのコメントが届くと、「三原議員が勉強してる?本気ですか?あの人馬鹿ですよ」と一蹴。さらに、

「自民党の数合わせの代表みたいな人。私みたいな数年しか議員やってない馬鹿でも絶対論破できる人」

と、徹底的にこき下ろした。

   上西氏は「馬鹿」呼ばわりする理由の1つには、三原氏が子宮頸がんワクチン推進の立場であることがあるようだ。

   27日、同ワクチン接種後の健康被害を訴える女性63人が国と製薬会社を相手に集団訴訟を起こした。すると、ワクチン接種に推進の立場ではない上西氏は、三原氏のワクチン接種に関する過去の発言などもからめてリツイートし、再び「三原議員は本当に馬鹿ですよ」と指摘した。さらに29日には「三原議員はタレントさんだから、やってる感じを出すのは上手い。ただしそれだけ」とも続けた。

過去には杉村大蔵氏にも「馬鹿」

   だが、こうした三原氏への手厳しいツイートの数々は、結果として上西氏自身への批判を招いているようだ。応援の声はゼロでこそないものの、寄せられた声の多くは、

「バカって...もう少し言葉が無いものかしら?」
「自分と意見の違う人、嫌いな人を馬鹿と言ったら、もうあなたの負けです」
「政治家って論破することが仕事なのでしょうか?」
「人を見下しすぎですよ」

という、疑問や反論の声だ。

   もっとも上西氏のこうした「暴走」は今に始まったことではない。2月には、元衆院議員でタレントの杉村太蔵氏をツイッターで「馬鹿」と評し、物議を醸した。自身を「維新の党」から除名した橋下徹前大阪市長への批判も展開している。

   また、かねて「因縁」のある元衆院議員の東国原英夫氏とはツイッター上だけでなく、ワイドショー上でも「口喧嘩」を繰り広げてきた。つい先日(24日)も、「FNS27時間テレビフェスティバル!」(フジテレビ系)でもバトルの場が設けられたばかりだ。

   一方、6月のツイートでは、東国原氏がテレビで上西氏の名前を頻繁に出すことを「東国原氏の売名行為」と批判し、「今の東国原さんは『うえにし小百合芸人』」とも皮肉ることもあった。

   しかし、有名人への見境のない「噛みつき」が評判となり、上西氏自身のテレビ番組への出演が目立つようになっているのも事実だ。

   そのため、ネット上では今回の三原氏へのツイートに対しても「こいつは何と戦ってんだろ...」「もう売名行為は結構」と、冷めた声がいくつもみられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中