ポケモンGO、早くもブーム終息か ゲーム内容に根本的な問題

印刷

   「社会現象」となったスマートフォンゲーム「ポケモンGO」だが、2016年7月22日の配信開始から1週間がたったばかりだが、早くも、その人気は「長続きしない」と見る人が目立ち始めた。

   一般人がSNSに寄せたり、芸能人がテレビ番組で紹介したりすることで、そうした声が広がりを見せている。理由は、ゲームの内容そのものにあるようだ。

  • 「飽きる」のも早い?(画像はポケモンGOのプレイ画面より)
    「飽きる」のも早い?(画像はポケモンGOのプレイ画面より)

多くの人が到達する「中期ゴール」がない

   モンスターを集めたり、戦わせたりとさまざまな楽しみ方ができるポケモンGO。街中や人気スポットでは、プレイヤーの姿が目立つ。

   しかし、「人気は長続きしない」との声が増えている。

   アプリデザイナーの深津貴之さんは16年7月25日、近くにいるポケモンを捕まえる短期ゴールと、ポケモン図鑑のコンプリート(完成)という長期ゴールの間に、「中期ゴール」がないと、ポケモンGOの根本的な問題をツイッターで指摘した。プレイヤーの多くが到達する「中期ゴール」を設けていないため、プレイし始めて「1~2週間」で「一気に離脱率が高まる」と見ている。

   深津さんの言う「中期ゴール」はさしあたり、各地に点在するジムの攻略だろうか。しかし、ジム戦はゲームをやりこんだ玄人プレイヤーたちの「頂上決戦」になっているといい、多くの人たちにとっては縁遠い場所になっている。このため、深津さんは、数週間以内に別の中期ゴールをアップデートで組み込めるかどうかで、「離脱率が大幅に変わりそう」だと予想している。

   ポケモンGOの「課題」は報道ベースでも指摘されている。ニュースサイト「ダイヤモンド・オンライン」は28日に掲載した記事「米国で『ポケモンGO』人気がたった1週間でピークアウトした理由」で、「長続きしない」理由を3つ挙げた。1つは、プレイヤーを釘付けにするような要素がないこと、2つ目はジムの攻略が難し過ぎること、3つ目は外で何キロも歩き回るのが面倒なことだ。

カンニング竹山「芸能人には厳しい」

   芸能界では、「AKB48」の島崎遥香さんやタレントの中川翔子さんなどポケモンGOにハマったと報告する芸能人も多い。しかし、否定的な意見を語り始める芸能人も相次いでいる。

   俳優の窪塚洋介さんは16年7月23日、ツイッターで、ゲームにハマるプレイヤーの姿を「ゾンビ」に例え、「ハマりすぎてる姿はゾンビだね」「ボケモン奴隷ゾンビーズ」などと揶揄。

   お笑いタレントのカンニング竹山さんは25日の情報番組「ビビット」(TBS系)で「ポケモンに興味はなかったけど、これは面白い」と高く評価したが、「プレイするのは移動の車中。街中を歩き回るわけにはいかないから、芸能人には厳しい」とプレイ時間を確保する難しさを明かした。

   お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんも、26日放送のラジオ番組「TBSの爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、「ここへきてポケモン旋風。バカじゃねえかって思うね」と吐き捨てた。

   歌手の美川憲一さんは7月28日のイベントで「ほっといてもそのうち、飽きるわよ」とそっけなく語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中