ポケモンGOで特需もGO モバイルバッテリーがバカ売れ

印刷

   いまや社会現象といえる、爆発的な人気の「ポケモンGO」の効果で、「モバイルバッテリー」が特需に沸いている。

   街を歩いて「ポケモン」を探し回る「ポケモンGO」は、位置情報(GPS)を利用するスマートフォン向けのゲームアプリという特性から、スマホの電力消費が激しい。そのため、出かけた先で充電切れを起こし、あわててモバイルバッテリーを購入するユーザーが続出したようだ。

  • 「ポケモンGO」人気で、モバイルバッテリーが売れている!
    「ポケモンGO」人気で、モバイルバッテリーが売れている!

ピークの24日には9.6倍増

   全国の家電量販店・ネット販売店の実売データを集計する、パソコンやデジタル家電のマーケティング調査のBCNによると、モバイルバッテリーの販売数量は、「ポケモンGO」の配信がはじまった2016年7月22日を境に、ほぼ垂直に上昇した。

   7月1日の販売数量を「1」とすると、配信日の22日に3.65倍に伸びると、その翌23日には8.52倍、ピークの24日にはなんと9.6倍にも達した。25日には6.53倍となり、やや落ち着いたようだ。

   同社の「BCNランキング」によると、7月18日~24日のモバイルバッテリー・充電器の売れ筋は、第1位(前週1位)がエレコムの「スマートフォン用ケーブル一体型AC充電器 急速充電 ホワイト」(市場推定価格1800円)だった。2位は前週の4位から上昇した、エレコムの「タブレット・スマートフォン用モバイルバッテリー ホワイト」(4100円)、3位は前週の21位から大きくランクアップしたバッファローの「スマートフォン・タブレット用 モバイルバッテリー 5200mAhタイプ ホワイト」(4000円)、4位も前週の24位から大きく伸びたソニーの「USBポータブル電源 ホワイト」(4800円)、5位は前週16位のエレコムの「タブレット・スマートフォン用モバイルバッテリー ブラック」(4000円)だった。

   BCNは、「上位の製品をみると、たとえば5200mAくらいの大きな容量のバッテリーが、前週よりも売れているようです。容量と金額との兼ね合いからか、金額ベースでは3000円~4000円台が売れ筋とみられます」と説明。3位のバッファロー製や4位のソニー製、5位のエレコム製が大きくランクアップしているのはそのためで、半面、容量の小さい「KDDI 共通ACアダプタ」(1800円)は前週の3位から6位にダウン。また、「NTTドコモ ACアダプタ」(2600円)も前週の2位から9位に大きく後退した。

   容量の大きく値ごろ感のある、人気のモバイルバッテリーの一部には、すでに売り切れたり、在庫不足が生じたりしつつあるようで、インターネット通販などでは値上がりしている製品もあるようだ。

家電量販店に特設コーナーも

   「ポケモンGO」フィーバーによるモバイルバッテリーの特需に、インターネットには、

「13000mA きょう買ったわ。ちょっとした騒ぎやなwww」
「ちょっと前に買っといた俺は勝ち組かwww ほんと便利だわ」

と、無事に「ゲット」できた人の報告が多く寄せられている。一方で、

「バッテリーフルにして表飛び出してなくなったら帰ってくる。外は暑いし、『ポケモンGO』はそんくらいでちょうどいいと思うよ」
「ネット通販って相場を知らない人をカモにするからな。非常識な値付けになってるものがいっぱいある」
「ウチにあるバッテリー、さっそくヤフオクに出そう。多分買った時よりも高く売れそうだわ」

といった声もある。

   家電量販店の一部では製品が目立つよう、特設コーナーを設けるなどの対応を図っているところもあり、「ポケモンGO」プレーヤーの来店を「歓迎」している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中