あの山本圭壱が地上波テレビ登場 飛び交う怒声、ネットの夜の話題独占

印刷

   「極楽とんぼ」の山本圭壱さんが2016年7月30日、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の2時間半スペシャルで10年ぶりにお茶の間に帰ってきた。

   番組では、「10年前に事件の当事者間の和解も済み、逮捕もなく、不起訴処分だったことに加え、本人が10年間の謹慎という十分な社会的制裁を受けていると判断したものです」とテロップで説明された。山本さんと、相方の加藤浩次さんはそろって深々と謝罪。ツイッター上には「極楽とんぼのコンビ愛に泣いた」と、総じて好意的な感想が並んだ。

  • 文字通り「魂のケンカ」となった
    文字通り「魂のケンカ」となった

涙こらえる姿に「本当のお前じゃねえだろ」

「10年ぶりだなあ。こうやって2人で、テレビの前で話すの。どういう気持ちだ、今?」

   番組冒頭で流れた、加藤さんの山本さんへの問いかけだ。口調は厳しく、次第にヒートアップして「当たり前じゃねえからな、この状況!」「いつかめちゃイケが番組にしてくれて、おれ普通に戻れる?そんなことねえからな!」と怒声を響かせた。「どっちが先に動くんだよ!お前がアクション起こさねえと誰も動けねえだろ!」

   山本さんは06年7月、当時17歳だった女性と淫行騒動を起こし、吉本興業に契約を解除されて芸能界を去った。それから8年以上がたった15年1月に「山本圭壱お笑いLIVE」という舞台で芸能活動を再開したが、テレビ番組には姿を見せていなかった。

   加藤さんの言葉に山本さんは、涙をこらえる。すると加藤さんは

「泣けよ。泣いていいんだよ、お前。本当のお前じゃねえだろ、出してんの」
「しんどかったらしんどいっつっていいんだよ!仲間だから皆こうやって助けてくれてんだろ」
「(めちゃイケメンバーが)どういう気持ちで10年過ごしていたか考えたことあんのか」

と、山本さんに檄を飛ばすように熱くしゃべり続けた。

グーグル急上昇ワード「めちゃイケ山本」首位

   番組の収録には「めちゃイケ」メンバーだけでなく、山本さんと親しかったお笑い芸人「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんや「品川庄司」の庄司智春さん、「ココリコ」の遠藤章造さん、「ペナルティ」のワッキーさん、さらにタレントの武井壮さんも駆けつけた。加藤さんは「どういう思いであの5人が支えてくれたか、お前分かってんのか。ここに出てくることにリスクしかねえからな」と山本さんを叱咤。これを聞いた田村さんは「かっこ悪くても、山本さんに付いていきますんで...これからもおれに色々と教えて下さい」と号泣した。

   山本さんと加藤さんはメンバーや芸人たち、番組スタッフに頭を下げ、テレビカメラに向け「本当にすいませんでした」と土下座した。その後、山本さんは加藤さんに「本当にありがとう」と改めて感謝し、加藤さんは「こいつはどうしようもねえやつですわ。でも、もう1回やりてえ」と涙を流した。

   番組終了直前、加藤さんが「お前には内緒にしていたけどライブからやろう。全国回って、謝罪の旅を終えて、それから考えよう。それはやるだろう」と尋ねると、山本さんは「やる...やる」とうなずいていた。

   山本さんの復帰は、インターネット上でも大いに注目を集めた。「めちゃイケ」の放送が始まった18時30分以降、グーグルの「急上昇ワード」に「めちゃイケ山本」が登場すると一気にトップに上り詰めた。23時30分現在では、コンビ名の「極楽とんぼ」が首位となっている。番組終了後、ツイッターには「極楽とんぼのコンビ愛に泣いた」「山本圭壱戻ってくるのかな!?がんばれー!」といった応援メッセージが多かったが、中には「これ公共電波でやる必要があるのか?」との意見も寄せられていた。

   放送終了後、「ロンブー」田村淳さんは、「長かった...これから... どうなるかはわからんけれど... おかえりなさい」とツイッターに投稿。淳さんのツイッターの「ヘッダー画像」は山本さんとのツーショット写真に設定されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中