ポケモンGO、最新アプリの悪夢 「データ消えたあああああ」悲鳴続出

印刷

   人気ゲーム「ポケモンGO」のユーザーから「データが初期化されてしまった」という報告がインターネット上に相次いでいる。

   きっかけは、2016年7月31日のアップデートだ。iOS版ユーザーがポケモンGOアップデート後に立ち上げたところ、「ゼロからのスタートになってしまった」というもので、混乱が広がっている。だが、解決策を講じれば元通りになる。

  • 再サインイン時には注意が必要
    再サインイン時には注意が必要

複数のGoogleアカウントが「落とし穴」

「ポケモンGOのデータ消えたああああああああああああああ」
「まじなんなんほんま。 また最初からとかたまらんで」
「最悪、普通に最悪すぎて私も消えそう」
「目の前がまっくらになった」

   ツイッター上ではポケモンGOユーザーのこんな阿鼻叫喚がこだましている。被害を訴えているのは、iOS版アプリの一部のユーザーたちだ。

   31日にアップデートされたポケモンGO「version 0.31.0」を起動すると、最初にログイン画面が表示される。彼らはここでサインインを済ませ、ゲームを再開しようとした。しかし、サインイン後の画面にはなぜかウィロー博士が登場。チュートリアルが始まり、流れに従って設定を進めた結果、プレーヤーレベルは1、捕獲ポケモンは最初の1匹のみに。――初期状態に戻ってしまった、というわけだ。

   7月22日のリリースから約1週間。真夏の太陽の下、ポケモンを探して街中を歩き回ったユーザーも少なくないだろう。それが一瞬にして初期化されたとなれば、ショックと悲しみは計り知れない。

   「被害者」は相当数いたようで、31日以降、iOS版アプリのレビューは星1つが一気に増加した。8月1日現在、総合レビューは5点中1.5点の低評価だ。

   しかし、データは本当に消えてしまったわけではない。実は、登録時と異なるGoogleアカウントでサインインしてしまったことによるユーザーの勘違いだったのだ。

本来のアカウントでサインインすれば復旧できる

   ポケモンGOで遊ぶには「ポケモントレーナークラブ」のアカウントか、Googleアカウントが必要になる。後者で登録していたユーザーがアップデート後のサインイン画面でGoogleボタンを選択すると、ブラウザ経由の認証画面が表示される。

   この時、画面右上にはサインインに使用するGoogleアカウントが表示されるのだが、アカウントを複数持っている場合、これがポケモンGOに使用していたアカウントになっているとは限らない。

   それに気付かないまま異なるアカウントで「許可」ボタンをタップした場合、新たなアカウントで登録したこととなり、ゲームが最初から始まってしまうのだ。

   仮にゼロからのスタートになってしまった場合でもデータは復旧可能だ。チュートリアル終了後に設定画面からサインアウトを選択し、その後、本来のアカウントでサインインし直せば元通りになる。アプリを再インストールする方法もある。

   ポケモンGOの国内配信がスタートする前、ニュースサイト等では個人情報保護の観点から別のGoogleアカウントを作成するよう勧める記事がいくつもみられた。被害者続出の背景には、そうした記事の影響があったのかもしれない。

   騒動を受け、開発元のNiantic(ナイアンティック)社も公式サイト上で解決策を発表している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中