「女性は甲子園グラウンドに出てはダメ」 高野連規定に為末大「世の中とずれている」

印刷

   2016年8月2日に甲子園球場で行われた、第98回全国高校野球選手権大会の甲子園練習で、大分代表の私立大分高校の女子マネジャーがグラウンドに入り、大会関係者から制止された。

   日本高等学校野球連盟の規定により、女子生徒は甲子園練習に参加できない。女子マネを制止した大会関係者の行動は、この規定に則ったものだが、ネット上では「時代とずれている」と反発の声が上がった。

  • 「練習は男子のみ」は時代遅れなのか(為末さんの写真は2008年撮影)
    「練習は男子のみ」は時代遅れなのか(為末さんの写真は2008年撮影)

甲子園練習は「男子のみ」

   大分高校は、女子マネジャーの首藤桃奈さんにユニホームを着せ、甲子園練習に練習補助員として参加させた。首藤さんは10分ほど守備練習に参加した後、大会関係者に制止された。

   デイリースポーツ電子版の2日付報道によると、同校野球部の廣瀬茂部長は「私が勘違いしていました。彼女は一生懸命頑張ってきたので、グラウンドに立たせてあげようと思って...。本当に申し訳ありません」と謝罪。首藤さんも「やっぱりダメなんだと思いました。いつもやってるんですけど、甲子園ということで緊張して手が震えました」と同紙の取材に語った。

   なぜ、首藤さんはグラウンドに立てないのか。日本高等学校野球連盟の事務局は2日、J-CASTニュースの取材にこう語った。

「各出場校に渡している『手引き』において、練習補助員・ボール部員は男性部員に限る、という規定があります。ケガの危険を防ぐため、というのも理由の1つですが、女性はグラウンドに出てはダメですよ、と元から決まっているのです」

   つまり、大会規定で甲子園練習は「男子のみ」と決まっているわけだ。では、なぜ大分高校側は女子マネを練習に参加させたのか。

「『手引き』には、甲子園練習はユニホームを着ていない部員の参加を認めない、という規定もあります。それを読んで『ユニホームを着ていさえすれば女性でも参加できる』と勘違いしてしまったのではないでしょうか」

練習時の危険性は「男子も女子も変わらない」との声も

   ただ、練習時の危険性についてはネット上で、「男子も女子も変わらない」といった主張もみられる。こうした主張に基づき、大会関係者の対応に批判を寄せる人も多い。

   2日のツイッターで、脳科学者の茂木健一郎さんは

「(高校野球には)謎の様式美、禁則が多すぎます」

と一言。

   元陸上選手の為末大さんも

「世の中と最もずれている競技になりつつある」

と苦言を呈した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中