「万全」日本サッカー敗北 6時間前到着のナイジェリアに5-4

印刷

   リオデジャネイロ五輪のサッカー男子日本代表は日本時間の2016年8月5日午前、予選リーグの初戦でナイジェリアと対戦し、5対4で敗戦した。

   ナイジェリア代表は、試合開始6時間30分前に現地ブラジルにギリギリで到着。こうした相手に対し、「万全のコンディション」で臨んだ日本代表だったが、結果は見ての通り。ネット上では「酷すぎる」「点差以上に情けない」と落胆の声が飛び交っている。

  • ナイジェリア戦が行われたスタジアム「アレーナ・アマゾニア」(wikimedia commonsより)
    ナイジェリア戦が行われたスタジアム「アレーナ・アマゾニア」(wikimedia commonsより)

試合開始6分で先制される

   試合は冒頭から大きく動いた。前半6分、右サイドを突破したFWエギゼル選手のシュートでナイジェリアが先制。その3分後、前半9分に日本はFW興梠慎三選手のゴールで同点とするが、直後に勝ち越しゴールを決められた。

   その後、日本はMF南野拓実選手のゴールで再び追いつくが、前半終了間際に勝ち越しを許す。試合後半はナイジェリアペースで進み、結果は4対5で敗戦。

   ナイジェリアのMFエテボ選手に4ゴールを許すなど、フィジカルを活かした攻撃にディフェンス陣が「崩壊」する厳しい展開。試合終盤に2ゴールを決めて1点差に追いつくも、及ばなかった。

   7月22日にブラジル入りし、10日以上にわたって現地での練習を重ねてきた日本代表。その一方で、ナイジェリア代表はチャーター機の支払いトラブルなどがあり、現地入りが大幅に遅れた。ブラジルに到着したのは試合開始6時間30分前のことで、コンディション不良や調整不足が不安視されていた。

ナイジェリアは国歌をニジェールに間違えられる

   さらに試合開始直前にナイジェリアは、「国歌」を間違えられるというトラブルも。朝日新聞などの報道によれば、会場には「ニジェール」の国歌が流れたという。試合を中継したテレビ番組をみても、ナイジェリア代表は顔を見合わせて困惑した様子だった。

   こうした「トラブル続き」の相手に敗戦した日本代表に対し、ツイッターやネット掲示板などには、

「もう笑うしかない、酷すぎるよ」
「万全だったら見れる試合じゃなかったかも」
「このコンディションのナイジェリアに勝てなかったのは痛いなあ」
「点差以上に情けない試合だった」

といった「落胆」の声が飛び交うことになった。なかには、「巌流島戦法にまんまとやられた感」「巌流島みたいに遅れて来た方が勝つってやつか」とのコメントを寄せるユーザーもいた。

   初戦で痛い黒星を喫した日本は8日(日本時間)、コロンビアと対戦する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中