「コンドーム、本当に配られてた!」 猫ひろし「選手村レポート」が大反響  

印刷

   リオデジャネイロ五輪の男子マラソンにカンボジア代表として出場するお笑いタレント・猫ひろしさんが選手村の様子を「現地レポート」している。

   設備トラブルから村内に置かれたコンドームの配布機まで、選手村の生々しい内側を報告。「面白い」「価値あるレポート」と、ネット上は盛り上がりを見せている。

  • 選手村ってこうなってたんだ(猫さんのツイッターより)
    選手村ってこうなってたんだ(猫さんのツイッターより)

閉まらないトイレの扉、蛍光灯落下...

   ツイッターを見る限り、猫さんは2016年7月30日(日本時間、以下同)に現地入り。

   8月1日、「オリンピック・パラリンピック版コンドーム!本当に配られてた」というツイートとともに、選手村に設けられたコンドーム配布機の写真を投稿した。コンドーム・ディスペンサーという名前のようで、下部にレバーがついている。「Turn here to take a condom!」(ここをひねってコンドームを取って!)と注意書きがあるので、どうやらこのレバーをひねるとコンドームが手に入るようだ。

   猫さんはそれ以後、村内にあるマクドナルドの店舗やゲーム機を揃えた遊戯施設、ライフル銃を抱えた選手村の警備スタッフ、入村式の様子など五輪の「裏側」とも言える貴重な写真を次々投稿していった。

   4日には、陸上のジャマイカ代表、ウサイン・ボルト選手と食堂で遭遇したらしく、「ビビって食べてたリンゴわかりやすく落としちゃったよ! 私の倍は身長あったな。足なんか3倍位長かった」と興奮気味に記している。

   もちろん、楽しいことばかりではなく、トラブルも多発している。これまでに、トイレの扉が壊れて閉まらない、蛍光灯が落下する、クーラーが作動しない、といった報告がみられる。中でも蛍光灯は、写真を見る限り、天井からぶら下がっている状態で「危険」と言えそうだ。

   一般的に、選手村の内情はマスコミに報じられることも少なく、ヴェールに包まれている。そんな内情を事細かに伝える猫さんのツイートは拡散され、

「面白い」
    「有能」
    「価値あるレポート」

と称賛の声が相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中